色に関する基礎知識をご案内します。

お問い合わせ
札幌のリフォーム会社すけみつ住まいの色彩計画 ~基本知識と住まいへの活用方法~

札幌のリフォーム店すけみつトップ > 住まいの色彩計画 ~(1)基本知識~

住まいの色彩計画 ~(1)基本知識~

外観も内装もそうですが、同じ作り(形)でも色彩が違うとまったく別の印象をあたえます。
ただ好きな色を並べただけでは、快適な空間が作れない場合もあります。
どのような雰囲気の住まいにするのか、まずはテーマを決め、そのテーマにあった色や素材を選んでいくと、自然とまとまりのある住まいとなります。それが色彩計画です。
ここでは、色彩の基本知識と、住まいへの活用方法をご紹介いたします。

 

住まいの色彩計画基本編1:色の三属性

色の三属性学生の頃、美術の教科書に右のような図が載っていたのを覚えていないでしょうか?
これは、色が持つ属性を図に表したものです。意味合いとしては「白・黒・灰色以外の全ての色は、色相・彩度・明度の3つの要素を含んでいる。」ということです。
色相というのは「赤や青といった色合いのこと」、彩度というのは「鮮やかさの度合いのこと」で彩度が低くなるとグレーに近くなります。明度は「明るい暗い」をあらわした物で、高いと白っぽく下げれば黒っぽくなります。
右の図は、上記のことを図で表したものです。

 

住まいの色彩計画基本編2:色調(トーン)について

色調(トーン)の大分類

色調(トーン)とは、明度と彩度とを掛け合わせた色味のことです。ひとつの色相 例えば同じ青でも、空のような澄んだ青もあれば、藍染のような深く落ち着いた青もあります。このような色の違いを色調(トーン)といいます。
上の図は、トーンを大きく7つに分類したものです。
住まいの配色を考える上では特にこの色調(トーン)がポイントとなってきます。

下に、カラートーン図を掲載いたしました。
図を見ていただけると分かるとおり色相にトーンを組み入れることで、イメージの幅がぐんと広がります。

カラートーン図

例えば、大人っぽい雰囲気のお部屋にしたいならダーク系、可愛らしいイメージならベリーペールなどを選ぶとまとまりのある空間を演出できます。

■トーンの持つイメージ
Vivid(ビビッド)鮮明な
派手な・目立つ・生き生きした
Light(ライト)明るい
健康的な・陽気な・元気な・華やかな
Strong(ストロング)強い
くどい・動的な・情熱的な
Deep(ディープ)深い
充実した・伝統的な・和風の
Pale(ペール)薄い
あっさりした・若々しい・淡い・かわいい
Soft(ソフト)柔らかな
穏やかな・やさしい・ぼんやりした
Dull(ダル)くすんだ
鈍い・中間色的
Dark(ダーク)暗い
大人っぽい・丈夫な・円熟した
Verypale(ベリーペール)ごく薄い
可愛い・淡い・女性的な
Light grayish(ライトグレイッシュ)明るい灰みの
落ち着いた・シックな
Middle grayish(ミドルグレイッシュ)灰みの
地味な・古風な
Dark grayish(ダークグレイッシュ)暗い灰みの
男性的な・ハードな
Very dark(ベリーダーク)ごく暗い
重い・堅い

次のページでは、もう少し踏み込んで色と色との組み合わせ、配色の基本をご案内します。
色について理解することで、空間をよりよく演出できるようになりますので、お部屋の模様替えやリフォームの際に参考にしてください。

back ptop