日照調整ガラスフィルム・窓フィルム効果と機能をご案内いたします

お問い合わせ
札幌のリフォーム会社すけみつエコリフォーム

窓フィルム・ガラスフィルム貼り

日照調整ガラスフィルム

窓ガラスに貼るだけで、日射を削減することができるのが日照調整ガラスフィルムです。
室温の上昇を抑制し、冷房負荷を低減するため地球環境にやさしいだけでなく、空調光熱費を削減します。

日照調整ガラスフィルムの効果は次のとおりです

日射熱を遮る

お部屋の採光に大切な窓。でも、窓からは採光と共に高い熱が入り込み、室内の温度を上昇させます。
日照調整ガラスフィルムは、透明感があり採光を確保しながら日射熱を大幅にカットします。

飛散防止効果

災害時にガラスが割れると、飛んでくる破片で受傷するだけでなく、床や路上に落ちたガラス片が避難を困難にします。日照調整ガラスフィルムを貼ると、ガラスが割れても破片が飛び散らず地震・台風などの災害対策に効果的です。

紫外線対策効果

日照調整ガラスフィルムは、日射の紫外線を99%以上カットするため人体への悪影響や室内家具の退色などを防ぐことができます。

太陽の明るさは取り入れ、日射熱は大幅にカットします。
ガラスフィルムは太陽の明るさは取り入れ
日射熱は大幅にカットする

日照調整ガラスフィルムには、上記の効果にさらに特色をプラスした商品がございます。
お客様の住環境によりお選びいただくことができます。

断熱効果の高いタイプ

冷房効率を高めるだけでなく、暖房の熱を屋外に逃げにくくし、結露も抑制するタイプがあります。

まぶしさを抑えるタイプ

ガラスの透明感をいかしながら、日射しの強さを和らげて、まぶしさや照度ムラを改善できるタイプがあります。ミラー調の外観のものとメタリックな外観のものがあります。

断熱機能は、室内の熱を外に逃げにくくする働きです。窓の結露も抑制します。
断熱機能で室内の熱を外に逃げにくくします
窓の結露も抑制します。

>>飛散防止、防虫、防犯等で目的に合わせて使用するガラスフィルムについて詳しくご案内しています。その他の用途で使うガラスフィルム

 
フィルムが貼れないガラス・場所
  • 表面が凸凹したスリガラスや表面が平でも湾曲しているガラス。
    (外側が平らであれば外貼り対応フィルムの施工は可能です)
  • マンション・戸建の場合3.5メートル以上の高所で足場のない場所。
    3.5メートル以下でも階段等で脚立が立てられない場所。
    (脚立の高さは1.7メートルまでしかありません)
    工場や倉庫で3.5メートル以上の高所にある窓ガラスは別途足場代をいただければ施工可能です。
  • ポリカーボネートやアクリルなどガラス以外の窓。

 

施工後の注意事項
  • 施工から2週間はUVカットフィルムを清掃・触る・剥がすなどは控えて下さい。
    窓の開閉はしていただいて大丈夫です。
  • 水を使って窓ガラスにUVカットフィルムを張りますので白く曇ったり水泡ができますが、通常2週間程で蒸発して消えます。(防犯フィルムSH15CLAR-Aを除く)
  • 日影や気温が低い場所、北面の窓ガラスは、水分が抜けるまで1~2ヶ月程かかることがあります。

 

ガラスフィルムの施工例・事例

 

エコリフォームへ

リフォームメニューへ
水まわり設備から手すりまで、場所別、目的別に住宅リフォームをご案内!
施工例へ
実際に施工した事例をテーマに分けて一覧にしています。施工費用も掲載!
法人のお客様向けリフォームメニュー
オフィス、店舗、ビル・マンションオーナー様向けのリフォーム情報が集結!