台車などでエレベーター壁面にどうしても付いてしまう傷を未然に防ぎたいというかた必見です!

お問い合わせ
 
札幌のリフォーム会社すけみつエレベーター保護シート貼り

エレベーターに保護シートを貼る

エレベーターの汚れや傷というのは、良く目に付くものです。
エントランス部分がどんなにきれいに保たれていても、エレベーターに傷や汚れが目立ってあるとその建物の評価が下がってしまいます。
当社では、エレベーター内をキレイに保つために 壁面にパンチカーペットを貼り付けることをオススメしています。パンチカーペットを貼ることで、傷つきを最小限に抑え美しい内装を長く保つことが出来ます。

施工方法も簡単です。
お客様にて壁面の寸法を測っていただき、当社にて裁断・マグネットの取り付けを行い郵送、その後お客様にて設置していただくという流れになります。
札幌市内及び近郊であれば採寸から設置まで全て当社で行うことも可能です。

 

ご注文の流れ(ご自分で採寸・設置される場合)

1.エレベーターの材質を確認する。(磁石が付く壁かどうか)

磁石当社のエレベーター保護シートは、パンチカーペットの裏にマグネットシートが取り付けられており、マグネットの磁力で壁面に貼り付ける方法をとっています。
通常エレベーターの壁は化粧鋼板が使用されていますので問題ない場合が多いのですが、まれに磁石が付き難い材質のものがございます。事前に磁石の張り付き具合を確認し、市販されている磁石が問題なく付くことを確認ください。

2.保護シートの色を選びます

当社で取り扱っている保護シートのカラーバリエーションは23色。豊富なバリエーションの中からお好きなカラーをお選びいただけます。

614
619
117
415
419
411
519
113
212
317
416
611
112
213
315
413
615
414
211
318
617
111
※パソコン画像の色合いと実物の素材の色に多少のずれがある場合がございます。また、カーペットは既製素材を使用しております為、若干の色合いの違いはご容赦ください。
 

3.シート貼り位置の寸法を測る

採寸場所イメージシートを設置するエレベーター壁面の3面の寸法(幅)を計り、注文シートに記入しますます。シートの高さは182センチの定型です。

採寸方法は「エレベーター保護シートの採寸方法」をご覧ください。寸法を間違えると思ったように貼れない場合もございますので十分ご注意ください。基本は3面ですが追加面の作成も可能です。注文シートに基本面・追加面の寸法を記載しご注文ください。

 

4.シートの切れ込み位置を測る

壁面に操作盤や非常ボタンなどがある場合、シートに切れ込みを入れ必要なパネルが隠れてしまわないよう加工します。
採寸方法は、「エレベーター保護シートの採寸方法」をご覧ください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

5.寸法図を採寸シートに記入する

「エレベーター保護シートの採寸方法」の記入例に従って「注文シート」に寸法図を記入します。

注文シートPDF
採寸方法PDF

6.注文シートをFAXで送信

寸法図と必要事項を記入した注文シートをFax.011-815-0575に送信ください。
当社にて確認の後、お見積もりのご連絡をさせていただきます。
金額や納期をご確認頂いた上で正式発注となります。
※正式発注前であればキャンセルは可能です。

8.代金のお支払い方法

・事前振込み
価格はお問い合わせください!

9.納期について

正式発注(振込み確認後)を頂いてから約1〜2週間で制作・お届けいたします。

 

▼傷ついた壁面などの上に壁紙を貼るように、専用シートを貼るリフォームです!こちらも是非ご覧ください!

エレベーターシート貼り

貼り方と素材傷ついた壁面などの上に壁紙を貼るように、専用シートを貼るリフォームです。天井・壁面・扉など床以外ならどこにでも貼ることができます。
エレベーターシート貼りの詳細は下のボタンをクリックしてご覧ください!

エレベーターシート貼りの詳細へ