風除湿・玄関フードの設置やリフォームについてお案内します

お問い合わせ
札幌のリフォーム会社すけみつ風除湿(玄関フード)

風除室(玄関フード)について

玄関フードのイメージ写真(YKK-AP)

降雪地域では必需品の風除室
雪が降らない地域ではあまりなじみが無いかもしれませんが、いろいろと便利なのがこの空間

雨風を防ぐこと以外にも
「風除室に鍵をつけることで玄関ドアとの2重ロックとなり防犯性が高くなる」
「冷気を遮断し室内を暖かく保つことができる」
「ペットとの散歩の際足洗などがしやすい」など・・・

あると便利なアイテム それが風除室です

風除室の設置・リフォームをお考えならまずこのページをご覧ください

玄関のこんなお悩み解消します!

毎日使う玄関。よく考えてみると、ちょっと困った!と思うことがありませんか?
例えば、風の強い日、吹き込む風でドアが開けられない!(開けるのにとても力が要る)。雨の日、玄関が雨でびしょぬれに…。
雪が玄関ドア前に吹き溜まって開かなくなった! などなど・・・

こんなお悩みは 玄関フードが解消してくれます!

一般的な風除室の形

自分の家に風除室って設置できるのかしら? というご相談がよくあります。
外観が特殊な場合を除き基本的には設置できます。というのが答えです。風除室は既製品もございますが、フレームとガラスを組み合わせてオーダーメイドでお作り致しますのでほとんどの住宅に設置することが可能です。
とはいっても、使用するフレームの本数・ガラスの枚数や質などによって価格はさまざまです。
以下に、一般的な風除室の納まり図を掲載しますので、玄関フードリフォームの参考にしてください。

I型図
I型
もともと玄関ドアが奥まっている場合、一般的にこの形を採用します。比較的安価に設置できます。
外付けI型図
外付けI型
玄関と壁面がフラットな場合は、天井と側面も新たに設置します。
L型図
L型
玄関が角の奥まった場所にある場合、一般的にはこの形を採用します。
C型図
C型
玄関が奥まった場所にあり、その面全てが奥まった形状の場合、C型に設置することが出来ます。

風除室のリフォームについて ~プランボードでご提案~

実際に風除室をリフォームしたお宅向けにご提案したプランボードをご覧ください。
当社でリフォームする場合は必ずこのようなプランボードを作成し、納得していただいた上で施工いたします。
安心してお任せください。

札幌市北区O様邸 風除室設置プランボード(抜粋)

一戸建て住宅の風除室を新規に設置したいというO様に、以下のような合成写真で風除室の完成イメージをご確認いただきました。
フレームの位置や色味を変えて、数パターンご提案させていただきました。
ここでご紹介するのは、その中から抜粋したものです。

元画像正面から見た外観

正面から見た外観
玄関が奥まった場所にあるお宅でした。
この写真では分かりにくいですが、側面にもガラスを貼ることを前提にプランニングしています。

右向き矢印
完成イメージ:正面から

元画像斜め前から見た概観

斜め横から見た外観
このように、両サイドもガラスを貼ったイメージを作成し、お客様にも良くご理解いただけるようにしています。

右向き矢印
完成イメージ斜め前から見る

このような完成イメージを数パターン作成し仕上がりをイメージしていただくことにより、満足度が高まります。

風除室のプランボード実例もご覧ください!

風除室のちょっと便利なアイテムたち

風除室は、雨風雪から玄関を守るための設備です。
でも、日が燦燦と当たるガラスで覆われた室内はサンルームでもあり、ペットの日向ぼっこスペースにもなります。

たな

鉢植えや、ちょっとした小物をおくことができる棚を設置すると、小さなガーデニングスペースとなります。

フック

雨や雪でぬれてしまった傘やレインコートなどを乾くまで干しておいたり、プランターを吊り下げたり出来るのでとっても便利です。

郵便受け・レターボックス

郵便受け・レターボックス風除室に郵便受けやレターボックスを設置することで、雨や雪の日でも濡れずに郵便物を取りに行くことができます。


日常のお手入れ方法

日常のお手入れ次第で、風除室を長く美しく保つことができます。
日常のお手入れ方法は以下をご覧ください。

アルミ・塗装商品のお手入れ

アルミや塗装商品を腐食から守るためには表面についた汚れを早めに落すことが一番です。
汚れが軽い場合は雑巾で軽く拭くだけでよいので簡単です。
そのほかに年に1回か2回は水洗いをすることで長持ちするようです。
水洗いをした後は乾いた布で水分をしっかりふき取ってください。

※1)水洗いで落ちない汚れは中性洗剤ごく少量入れた洗剤液で軽く洗い流してください。
※2)中性洗剤を使った場合は、その後必ず水洗いし、乾いた布で水分をしっかりふき取ってください。

ガラス部分のお手入れ

ガラス表面に傷がつくと割れる恐れがありますので、必ず柔らかい布をご使用ください。
飛散防止フィルムを貼っている場合は、フィルム面を乾拭きしないでください。
清掃する際、風除室にはしごを掛けたりよりかかったりしないでください。

上記注意点を守った上で、以下の要領でお手入れをしてください。

1)極少量の中性洗剤を溶かした水溶液に柔らかい布をひたし、汚れをふき取る。
2)乾いた布でしっかり水分をふき取る。
※飛散防止フィルムを貼っている場合は、フィルム面を乾拭きしないでください。

風除室の施工例


風除室のおすすめ商品
こちらでは風除室のおすすめ商品をご紹介しています。