対面キッチン・Iタイプキッチンのご案内です。対面キッチン・I型キッチンにリフォームする際のメリットやデメリット、導入の注意点などをまとめました。

お問い合わせ
札幌のリフォーム会社すけみつキッチン

対面キッチン・I型・II型のキッチン

対面キッチンとI型キッチン

I型キッチン

INAXのI型キッチン
INAXキッチン イスト

システムキッチンの中でももっとも普及しているのが、このI型キッチンです。
このため、このタイプは、奥行き、幅、色、価格帯共にとにかくバリエーションが豊富。また、収納の工夫やパーツが進化していて、選ぶ楽しさが広がります。
I型キッチンの動線図

シンク、コンロ、調理台が一直線に並び、単純動線(人の動きの線)になるため、冷蔵庫や食器棚を含めた全長が長すぎると、動線(人の歩く線)が長くなり作業効率が悪くなってしまいます。
広いキッチンではカウンター収納を平行に配置すると、配膳やお鍋などを一旦置くことができ効率が良くなるでしょう。

写真のシステムキッチンは壁向きの開放的な配置となっています。 このようなキッチンの配置方法を「オープンタイプ」と呼びます。
オープンタイプは、I型がほとんどで、リビングダイニングにいる家族とのコミュニケーションが容易ですが、システムキッチンがリビングダイニングからよく見えてしまう点がデメリット。
こまめなお手入れや収納の工夫が不可欠で、リビングに繋がったお部屋で洗濯物を干すと臭いが移るため干し場所にも工夫を必要とします。

 
キッチンへ戻る
キッチンリフォームへ戻る

I型対面キッチン

対面キッチンシンクやコンロ、作業スペースなどがリビングダイニングのほうを向いている人気の対面キッチン。
対面キッチンには、壁をくりぬき窓からダイニングを見る“セミクローズタイプ”と、空間にキッチンカウンターを置いた“オープンタイプ”があります。

さらに、オープンタイプはキッチンとの境界を低い壁で仕切ったハイタイプとまったく仕切りのないフラットなタイプに分かれます。

 

対面キッチンは家族とのコミュニケーションの取りやすさがメリットですが、特にフラットなタイプでは、油や水がはねないような工夫、臭いが逃げない工夫がどのようにされているか注意して選ぶ必要があります。
換気扇を「高圧排気」にしているものや、排気扇が手元にあって油が拡散する前に吸い込む仕様にしているなど、メーカーやビルトイン機器により仕様は変わります。

TOTOレガセスの対面キッチン

TOTOレガセス

 

【当社対面キッチン施工例】 「まるで新築!リノベーション」リフォーム

フラットなキッチンには大きなメリットがあります。それは、家族が共に調理を楽しむことができるという点です。対面カウンター仕様ならさらに、そこで食事をとり、後かたずけの時にまで会話がつづきますから仲良しのファミリーにはとても楽しいキッチンです。
TOTO対面キッチン
TOTO レガセス

注意点としては、洗った食器をどうするか?という点です。
少人数の家族でしたら食器洗い乾燥機で調理器具なども洗ってしまうことができますが、人数が増えるとどうしても入りきらなくなってしまうことも・・・。
壁に面したキッチンや、セミクローズタイプですと、目線位置に昇降式の棚をつけたり、乾燥型収納を取り付けることができますが、オープンタイプではこれらの設置が難しいのが現状で、すぐに拭いて片付けないと煩雑なキッチンになってしまいます。

キッチンへ戻る
キッチンリフォームへ戻る

II型キッチン

II型キッチンコンロの列とシンクの列がII型に並んだキッチンです。動線が短く狭い範囲で効率よく作業ができることがメリットで、パーツのレイアウト次第で自分に合ったキッチンができます。

リビング側にコンロを置くかシンクを置くか、また、独立キッチンにするか対面にするのかで、雰囲気も使い勝手もまったく違ってきます。

 

写真のTOTOキュイジアは、シンクをダイニング側に向けたオープンタイプ。換気扇が上部に位置することがなくすっきりとした対面キッチンが実現しています。
IIの間のスペースを調整することで、夫婦や家族で台所に立つ時にも動きやすいくなります。
独立型キッチン、セミクローズなどいろいろな形でこの形状が導入できます。

 
キッチンへ戻る
キッチンリフォームへ戻る

 

キッチンのリフォームをお考えの方は、以下のページもご覧ください。

もっとも多くのキッチンで採用されています。
動線を短く、効率よく動けるレイアウトです。
家族と料理作りを楽しむにはこの形がおすすめ!
IHクッキングヒーターと食器洗い乾燥機について。
セカンドキッチンにオススメのセパレートキッチン。ミニキッチン。
交換せずにキッチンを簡単に美しく蘇らせることができます!
キッチンの壁をガスコンロの炎から守る「ステンレスカバー」
配置からパーツの選択まで、キッチンの構想を自分なりに計画

 

リフォームメニューへ