カーテン・ブラインド・シェード・ロールスクリーンについてリフォームのご紹介をしています

お問い合わせ
 
札幌のリフォーム会社すけみつカーテン ブラインド

カーテン・ブラインドについて

写真:カーテン・ブラインド

お部屋の豊かな空間作りに重要な役割を持つカーテン。ひとりひとりのお客様がカーテン選びに心から満足いただけるよう、すけみつでは個々の環境に配慮したアドバイスを行っております。

 

特に、オーダーカーテンは「正確な採寸」と「お部屋との調和」が命。お客様のご要望をしっかりとお聞きした上で、全体のバランスをじっくり考えていきます。

 

カーテンには下記のようにさまざまな種類があります。まずは使う人のイメージやお部屋の向き、周囲の環境等に合わせイメージしてみてください。

ドレープカーテンとレースカーテン

写真:カーテン日本では一般的に1つの窓に対して、レースとドレープの2つのカーテンを吊っている家庭がほとんどです。
最近ではレースカーテンを前面にして刺繍模様を引出したり、レースを様々な形にして窓辺を飾るなど、雰囲気はもちろん、美しさも大切に考えるスタイルが注目されています。お部屋の表情までが今までとは違って見え、生活が楽しくなります。


シェード(昇降式)

写真:ロマンシェード生地を水平にたたみながら、すだれのように上下に昇降するカーテンをシェードといいます。レースと薄生地を2つ重ねてダブルにすることで前後2枚のシェードを別々に操作できますので、ブラインドのように採光を調整できる利点と、カーテン生地の風合いが融合したスタイルとして好まれています。
前後のずらし方を変えるだけで、違った感覚が楽しめることも利点で、縦長の窓に良く合います。


ブラインド

写真:ウッドブラインド最近では色や種類が豊富になり、様々な材質のものがでてきました。従来のモノトーンタイプから、柄つき、ウッド素材まで自由なスタイルで選んでいただけます。
お部屋をシャープな雰囲気に演出すると共に、遮光効果が高く、その上採光と通風を確保しながらプライバシーが守れるというメリットがあります。


ロールスクリーン

写真:ロールスクリーンお部屋をカジュアルかつシンプルに演出します。
開閉の手軽さから、お部屋の間仕切りとして使用される場合もあり、カーテン生地を使用して、トータルコーディネートを楽しむこともできます。
ドレープカーテンより生地を使わないので、価格を抑えられるところも利点です。


カフェカーテン

写真:カフェカーテンキッチンやダイニング、女性のプライベートルームなど、さりげない感覚で使えるカーテンです。
廊下や階段の飾り小窓や曇りガラス窓にもおすすめです。


 

イメージがつきましたら、 サイズを測っておおよその費用を算出してみましょう。 すけみつでは目的のサイズに合わせた 『簡単お見積もり』を随時実施させていただいております。“カーテンサイズの測り方”ページをご参照いただき、お見積もりフォームまたはお電話にてお気軽にお申し付け下さい。

※「お部屋が多い」「届かない」など、採寸が難しい札幌近郊のお客様は、弊社のアドバイザーがお伺いしますのでお気軽にご相談下さい。

カーテンサイズの測り方

カーテンの機能をご存知ですか?

イメージ:カーテン機能をご存知ですか?
音をさえぎるカーテン・光をさえぎるカーテン・部屋の保温カーテン
臭いを防ぐカーテン・不燃布カーテンなど
さまざまな機能を持ったカーテンがあります。

機能を考慮しながらお部屋ごとに選ぶ!楽しいカーテン選び

誰が使うのか、どんな使い方をするのか…お部屋のシーンに合わせたカーテン選びのポイントを押さえておきましょう。

リビング・ダイニング

写真:リビング・ダイニングリビング・ダイニングルームは家族全員の共通のスペース。家族全員が憩う場所であり、また時としてお客様をもてなす場でもあります。床、壁、天井の色に合わせてお部屋を同系色でまとめると、落ち着きのある空間が生まれます。カーテン生地と同一のクッションをソファに飾るとよりお洒落な調和が楽しめます。
一方、強い色調であなたの個性を出し、冒険してみるのも楽しみの一つです。


ベッドルーム

写真:ベッドルーム寝室は一日の疲れを癒す場所です。従って、落ち着いた色調のコーディネートが求められます。ベッドカバーなどをカーテンと同じ生地で作ることによって一体感のある空間を作る事ができます。
また、光をさえぎる遮光カーテンにするのもおすすめです。


キッズルーム

写真:キッズルーム最近の傾向として、お子様が成長しても飽きずに長く使える花柄、チェック柄、ストライプ柄などが多く選ばれています。また小さいお子様のお部屋のカーテンは汚れがちです。家庭洗濯機でも洗えるウォッシャブルタイプのもの、 レールからの取り外しが簡単なものを選ぶと良いでしょう。


和室

写真:和室日本建築の代表といえばやはり和室です。素材や形に配慮して、ジャパニーズスタイルを演出しましょう。人気が高いのは、木製のすだれ型スロールクリーンや木目のプリントを施したブラインドなど木を意識したものや、和紙調の素材を使ったプリーツスクリーンなど和のイメージを保ちながら風情を感じられるものが主流です。
逆に、和のカーテン素材と洋室を組み合わせることによって、オリエンタルなイメージを作り出せます。

カーテン・ブラインド・ロールスクリーンのリフォーム施工例

 

 

 

リフォームメニューへ