アスファルト舗装、新規物置設置【札幌市東区】

駐車スペースのアスファルト舗装工事、新規物置設置【札幌市東区】

植栽を撤去し駐車スペースを広げアスファルトで舗装しました。また、新規物置設置も行いました。

DATA

駐車スペースのアスファルト舗装工事・物置設置【札幌市東区】
地域:札幌市東区
施工期間: 3日
 1日目:既存物置撤去、新規物置設置組立・設置
 2日目:路盤工事、民地石敷設+L型土留め敷設
 3日目:アスファルト敷設
リフォーム費用: 約100万円
施工内容:アスファルト舗装工事、民地石敷設、L型土留め敷設、物置解体、新規物置設置・組立
施工年:2017年

アスファルト舗装後の写真

 

お施主様からの要望

現在車を2台停めているが、もう一台停める場所が欲しい。

物置が壊れてしまったので、新たに物置が欲しい。

【施工前の様子】

施工前の外構と物置

施工のポイント

既存の物置が、長年の積雪で屋根が破損し、雨漏りするようになったため交換をご希望でした。
ご提案した物置は、屋根の骨組みに補強梁が2本入った豪雪地タイプです。

設置もしっかりL600mmの束石を入れ、床の梁下にもブロックを置き施工しました。

物置設置イメージ

アスファルト舗装は、車3台(ワンボックス、セダン、ミニバン)を想定し、夏場はもちろん、冬場の雪はあることも考慮しご提案させていただきました。
また、車を2台停められるよう、植栽を撤去することをご提案しました。

植栽撤去中

家の横は、既存のままだと車の乗り降りの際、ドアを開けるスペースが小さいため、犬走りの部分を狭くし土留めを施し、ドア開口のスペースを確保しました。

イヌバシリ施工前後

土留めは角スパンをアンカーを利用し連結、補強します。

L型土留め

土留めが終わると、民地石の敷設に入ります。
民地石の下に砕石を入れ転圧し民地石を置いていきます。

民地石敷設

転圧中

民地石がズレない様に、モルタルを下に入れて施工します。
民地石の敷設が終わると、全体に砕石を入れていきます。

敷設後砕石いれた

玄関間の1段の階段を今回はL300mmの民地石で施工しました。
この時点では、階段の高さが30cmですが、アスファルトを敷設する際に高さ調整します。

玄関前階段施工中

玄関前の民地石が終わると、階段部分やその周辺にも砕石をいれ、全体的に転圧します。
砕石の転圧時にちゃんと平滑になっているか、確認しながら作業を進めます。

周辺砕石

犬走り部分に新たな砂利を入れ、路盤工事の終了です。
原則、路盤工事は1日で仕上げ、車が停められる状態に戻します。

犬留めに砂利

最終日、アスファルトを敷設します。
まずは奥から敷設します。アスファルトは少しこんもりとなるように焼きごてで馴らしていきます。

最後に民地石の高さになるまで転圧機を使い圧縮します。

アスファルト敷設

玄関前のアスファルトは、階段の高さを考慮しながら勾配をつけていきます。

玄関前アスファルト

アスファルト舗装後の敷地全体の様子はこちらです。

完成した外構

玄関側から撮影。

玄関側から撮影した写真