灯を失ってしまった室内用ネオンサイン。トランスを交換したことで、元通りに!

札幌のリフォーム会社すけみつ 施工例・事例

札幌のリフォーム店すけみつトップ > 施工例・事例一覧 >室内用ネオンサインを元通りに修理【札幌市南区】

室内用ネオンサインを元通りに修理【札幌市南区】

DATA

室内用ネオンサインを元通りに修理
地域:札幌市北区 【札幌市南区の他の施工例を見る】
リフォーム費用:約3万円
工事期間:約1週間
施工内容:ネオントランス(変圧器)の交換
施工年:2019年

きれいに光るようになったネオンサイン

お施主様との出会い

当社ホームページにてお問合せいただきました。

お施主様からのご要望

10年ほど前から自宅のガレージに飾っているネオンサインが点灯しなくなったので直してほしい。とのご要望でした。

施工のポイント

お問い合わせを受け、お施主様のお宅へお伺いした際に
点灯しなくなってしまったというネオンサインを確認させていただきました。

ネオンサインが故障する原因はいくつか考えられますが、調査をしないことには判断できません。

室内用ということもあり、両手で抱えられるほどの大きさでしたので、そのままお預かりいたしました。

実際の写真がこちら▼
点灯しなくなったネオンサイン

調べたところ、ネオン管に破損はなく、トランス(変圧器)の故障 ということがわかりました。
(トランスとは電圧を調整して点灯させる機器のこと)

故障の原因はトランスの経年劣化だと思われます。

トランスの寿命は5年以上といわれおり、屋外ではなく室内で使用されていれば
メンテナンスなしでも10年ほど保つことも少なくないようです。

お施主様は、10年ほど前にネオンサインを中古で購入されたそうです。
大切にされているからこそ、長持ちしたのでしょうね。

修理後のネオンサイン

トランスを交換したことで、ネオンサインの灯りを取り戻すことができました!

ネオン管自体は基本的に長寿です。
大型ネオンでは20年以上も利用されているものもあるようです。
5~10年の間にトランスだけでも交換しておくと、長い間保つことができそうですね!

 

担当者からの一言 【堀内 武尊】

今回は、トランスを交換するだけで済みました。
ネオンサインはネオン管が破損していると、破損している部分を補修するのではなく、新しい管で元の形を製作しなければならない場合が多いです。サイズの小さいものでも費用がかさむケースもあります。
また、トランスも種類があり、「古い・新しい」関係なく、それぞれ金額が異なります。
個人用、商業用ともに対応しておりますので、まずはお問い合わせください!

堀内武尊
>>堀内へ直接メールする

店舗のネオン工事も行っております♪

店舗ネオン工事【北笑ダイニング様】店舗ネオン工事【北笑ダイニング様】
ネオン工事
札幌市中央区
ラーメン店のネオン看板補修工事ラーメン店のネオン看板補修工事
老朽化したネオンサインを1日で補修
札幌市豊平区他