出窓の水切り金物交換工事

水切り金物交換工事完了
DATA
住宅の種類
建築構造
築年数
施工地 札幌市白石区
施工日数 -日間
施工年 2年
施工内容 金物交換、外壁一部交換、塗装吹付、シーリング打ち
施工費用 約15万円

お客様との出会い

お得意様からのご紹介でした。

施工前の現場の様子

除雪作業中に出窓の金物部分に接触し破損したとのことでした。

施工前 破損した水切り金物

水切り金物が変形しています。

お施主様からのご要望

「間に合わせの材料やカバー工法では無く元通りに戻して欲しい。」とのご要望でした。

施工のポイント

交換作業は問題無く進行出来ますが、全く同じ形状の金物が無い場合は鉄工所にて新規に製作することになる為、安価で工事することが出来なくなります。
金物メーカーと現地を確認し、同じ形状の物を探してもらいました。

今回は同じ形状のものが存在したため安価な工事で綺麗に直すことが出来ました。
色々と探して、同じ形状の製品が見つかった時は本当に興奮しました。

破損している金物に変色があった為、新しい金物と色味が若干違っていましたが、最初に説明をさせて頂きご理解いただいた上で施工いたしました。

施工前後の様子

施工前後の様子をご覧ください。

水切り金物施工前後 正面
水切り金物施工前後 左側面
水切り金物施工前後 右側面

施工後の水切り金物を正面から撮影。綺麗に仕上がっています。

水切り金物施工後 正面
水切り金物施工後 下から撮影
お客様の声

仕上りにとても満足しています。

担当:澤野 優二

ポイントにも記載しましたが同じ形状の商品が見つかった時の感動は今でも覚えてます。
無事に御引渡しが出来て私も満足しております。

営業担当 澤野優二

玄関ポーチにきれいなタイルを

玄関ポーチタイル貼り後
DATA
住宅の種類 戸建て
建築構造
築年数
施工地 札幌市北区
施工日数 2日間
施工年 2020年
施工内容 玄関ポーチへのタイル貼り
施工費用 約30万円

お客様との出会い

当社ホームページをご覧いただき問合せ下さいました。

施工前の様子

玄関ポーチ表面の化粧モルタルが凍害で所々剥がれいたり、浮いている状態でした。

施工前の玄関ポーチ

お施主様からのご要望

ポーチの表面を補修もしくは他になにか綺麗に仕上がる方法がないか相談に乗ってくださいとのことでした。

プラン

当初、モルタル補修をお考えのようでしたが、タイル貼りもご提案させていただきました。
イメージを合成写真にてご提示させていただいております。

タイル貼りプラン

プラン提出後、タイルのカタログやサンプルなどを見て頂くとともに実際の質感をご確認して頂くために、ショールームにもご同行頂きました。

施工の様子・注意点

まず一度表面の化粧モルタルを削り取り、建物基礎側にある土を撤去しタイルを綺麗に貼るためのベースを作りました。
工事一日目はこの作業までで終了です。

下地つくり完了1
下地つくり完了2

翌日、天候に恵まれましたので、続けてタイルを均等に貼る作業を致しました。作業日数は計二日間です。

タイル貼りの様子

注意点としては、こういった作業の場合モルタルやタイルを貼った際に乾くまでは踏み歩かないようにする必要があるということが上げられます。
今回は、玄関ドアを開けてすぐのモルタル部は工事しなかったので出入りに支障が無かったこと、ポーチ横に砂利の部分がございましたので、乾くまではそちらのルートを使っていただくことで対応致しました。
来客や郵便など外からのお客様に対しては、カラーコーンを置いて立ち入らないよう配慮して工事しています。

別ルートの確保が難しい場合は、乾くまでの予測時間を立て、その間出入りしなくても良いスケジュールを組んで工事することになります。

施工前後の玄関ポーチ

施工前後の様子をご覧ください

施工前後の玄関ポーチ1
施工前後の玄関ポーチ2

オシャレな玄関ポーチに仕上がりました。

お客様の声

当初は補修程度にしか考えていませんでしたが、土があった場所を埋めてタイルを貼って落ち葉が溝に溜まる心配もなく、綺麗になりました。
家の中のことで困ったことがあればまた相談します。

担当:藤井 洋輝

今回使用したタイルはLIXIL製のタイルで、カタログやネットでは質感や実際の色がわかりずらいため、お客様と一緒にショールームへ行き選ばせていただきました。
また、外の工事は天気に左右されやすいため、天気予報を見ながら晴れの日を狙って進める必要がありました。無事予定通り綺麗に仕上がって良かったです。

営業担当 藤井洋輝

玄関の階段タイル補修と滑り止めマット施工

お一人で暮らすお母様のために、足場の悪い階段を補修し、滑り止めにゴムマットを施工した事例です。

玄関ポーチ補修完了
DATA
住宅の種類 戸建て
建築構造
築年数
施工地 札幌市北区
施工日数 6日間
施工年 -年
施工内容 下地のモルタル補修、レンガタイルの浮き・剥がれ補修、サンフロア(再生ゴムマット)貼り施工
施工費用 約36 万円


玄関タイルに浮きがあり、冬場は凍ると滑りやすく、転倒することもあったという危険な階段。
欠けているモルタル下地と、タイルの浮き・剥がれを補修。
歩行の安全対策としては、透水性のあるクッションマット(ゴムマット)を貼りました。
施工担当:渡邉隆義


お施主様のご要望

母が一人で暮らしているのですが、玄関ポーチの状態が良くない。冬場はとくに危険で、昼間の気温が高いとタイルに積もった雪が溶け、夜に凍ってしまうことで何度か転倒しています。この状況を改善したいので、玄関ポーチの改修工事をお願いしたい。との事でした。

施工のポイント

・足場の悪さを改善
破損個所はすべて解体し、下地から形を整えて全体を補修します。

・歩行の安全対策
透水性の高いゴムマットを施工することで、滑りにくい環境へ。転倒の防止になります。

・膝や腰に掛かる負担を軽減
ゴムマットの柔らかさが歩きやすさを提供します。

施工の様子

既存はレンガタイルの玄関ポーチ。
浮いている箇所・剥がれている箇所を解体。階段部分を中心に、全体が破損していました。

施工前の玄関ポーチ

下地のモルタルから欠けていたので、埋める形で補修。全体をモルタルで整えます。

モルタル補修中

次にバーナーでモルタルを乾燥させます。

乾燥中

仕上げにゴムマットを貼ります。採用したのはサンフロア工業の再生ゴムマットです。リサイクルで再生できる素材でできており、ゴムチップの適度なクッション性と、高い透水性が特徴のマットです。

ゴムマット施工中

工事完了写真がこちらです。
ゴムマットの色をレンガと合わせたことで、周囲と調和がとれていますね。
ゴムマットは水を通すので、積雪も軽減してくれます。滑りにくく、歩きやすい環境になりました!

玄関ポーチ補修完了
お客様の声

大変よく出来ていると思います。どうもありがとうございました。

担当:渡邊 隆義

危険な状況を回避することが出来ました。階段で起きる転倒は、大きな事故につながる可能性もありますので、お施主様の心配事がひとつ解消されたことに、とても嬉しく思います。
レンガタイルは浮きがあると滑りやすくもなりますし、つまずく危険性が高まります。剥がれる前に補修することが望ましいですね。怪我をしてからでは遅いので、早めの改修をお勧めします。

営業担当 渡邊隆義

戸建外構リフォーム 物置・カーポート設置他

物置・カーポート設置完了
DATA
住宅の種類
建築構造
築年数
施工地 札幌市白石区
施工日数 5日間
施工年 -年
施工内容 1日目電柱移設、2日目裏庭整地、駐車スペース掘削・路盤工事、3日目物置設置、4日目カーポート設置、5日目アスファルト舗装工事
施工費用 約150万円


カーポートを設置するため路盤工事をはじめアスファルト舗装を行い車両の出入りを気持ちよくできる環境を整えました。
物置の設置には経年による地盤の歪みに対応するべく、束石を使用し傾きのリスクを軽減しています。
施工担当:田川学


お施主様からのご要望

戸建を新築しました。カーポートと物置の設置をお願いしたい。との事でした。

施工前の様子

施工前の現場の様子

庭の地面は砕石の状態でした。ここを駐車スペースにしてカーポートを設置したいのですが、車の出入りに障害となりそうな位置に電柱がありました。

施工前プラン

施工プランは右平面図です。(敷地内を上から見た図)
電柱を移設しカーポートと物置を設置。地面はアスファルトにします。

カーポート他施工プラン

施工のポイント

・カーポート設置場所
カーポートを設置するうえで問題になっていたのが電柱の位置です。打ち合わせ当初カーポートの位置は電柱と接するギリギリにの所に設置して、お施主様の運転技術で何とかできないか検討していました。実際にカーポートの柱となる場所にポールを置いてお施主様に車を運転していただき検証を行ったところ、なんとか駐車できましたが少しのミスもできない状況でしたので電柱の移設を提案しました。移設場所は北海道電力様・NTT様と打ち合わせをし、お施主様の敷地内へ移設することになりました。
移設することでカーポートは適当な位置に設置できます。建物から何cm離すか、隣地境界から50㎝以上離れているか、設置後の建物の採光に問題がないか等を確認し最終決定しました。
設置するカーポートはリクシルのテリオスポートⅢ(1台用6本柱・積雪150cmタイプ)です。

・カーポート施工
カーポートは柱を設置するときに穴を掘りますが、地域により地下水が出てくるケースが多々あります。地下水が流れていることで、長い年月をかけて土が削られていきます。その影響で傾いたり、倒壊する恐れがありますが、残念ながら地下水の流れを変えることは出来ないため、ご理解の上施工いたしました。柱1~2本程度であれば影響は少ないと思われます。

・物置の選定
物置を選択するうえで最も多いご要望が「自転車を収納したい」というものです。奥行きが150cmの場合は大人用の自転車をまっすぐに収納できないので、必要台数の自転車が入らない場合があります。大人用の自転車を収納するのであれば奥行き180cm確保する方が望ましいです。
今回は収納力を考慮し、ヨド物置のエルモ(品番LMDS-2518積雪型)という商品で、間口2m57cm×奥行き1m87cmサイズを採用しました。

・物置の施工
物置をブロックや平板の上に設置するケースがありますが、地盤が悪いと数年で扉の開閉が重たくなったり、物置の床が歪んできたりします。このような物置の傾きによるリスクを軽減するため、高さ50cmの束石を敷設しました。

施工の様子

1日目:電柱移設

まずは移設する場所に穴を掘ります。重機と人力で電柱の全長6分の1の深さまで掘りました。

電柱移設 穴掘り

電柱から電線を取り外し、新しい電柱を先ほど掘削した穴に差し込み、埋め戻し作業を行い締固めます。

電柱移設 電線外しと埋め戻し

取り外した電線を新しい電柱へ付け替え、古い電柱を抜きます。

電柱移設 電線付け替え

穴を埋めて塞ぎ、仮補修をします。(後にアスファルト舗装を行うので、この時点では補修のみ)

穴 仮補修後

2日目:駐車スペース掘削・路盤工事

アスファルトと道路に段差ができないよう計算し掘削していきます。基本は重機で行い、配管付近は人力で丁寧に行います。

掘削中

砕石を入れ転圧をかけ、しっかりと路盤を締固めました。

路盤締め固め後

3日目:物置設置

物置の位置に高さ50cmの束石を埋めて、しっかりと土台をつくります。4つ角と前方内側に2つで、計6つの束石を施工しました。

物置設置 土台作り

骨組みを組み立て、屋根を設置。床枠の下には土台のブロックを6つ配置します。土台をブロックのみだけでなく束石も使用することで、沈みにくくなり倒壊などの危険性を少なくすることが出来ます。

物置設置 骨組み

パネルと扉を組み立て、設置完了です。

物置設置 物置完成

4日目:カーポート設置

カーポート設置場所から柱の設置位置を割り出し、印をつけます。そこに重機を使用して穴を掘ります。

穴掘り中

今回は穴径40cm角以上で穴の深さは60cm掘りました。地下水がでてきてしまった穴が2か所ありましたが、地下水の流れを止めることはできないので、ご理解をいただいた上で施工しました。

穴掘り後

掘削した穴の底部に砕石を入れ転圧します。その上に平板を置き、柱を仮設置。水平器を使用して全ての柱が水平・垂直になるよう調整します。

柱を仮設置

柱と梁を組み立てます。傾いたり倒れたりしないように木の棒や金属の突っ張りなどで仮固定しつつ、ボルト・ナットを締めていきます。そして屋根材(折板)の取り付けを行います。

カーポート組み立て中

再び水平器で傾きを確認し、仕上げにコンクリートを穴に流し込み固定します。

柱の穴にコンクリートを入れて固める

5日目:アスファルト舗装工事

2日目に路盤工事をしているので最後にアスファルト舗装を行います。
施工前と施工後の写真をご覧ください。

施工後カーポート正面と移設した電柱

電柱移設工事で仮補修した路面も綺麗になりました。

施工完了 アスファルトの様子
カーポート 別方向から

すべての工程が無事に完了しました。立派な駐車スペースができましたね。

お客様の声

電柱を移動できるとは思わなかったです。おかげさまで、気持ちよく駐車が出来るので良かったです。

担当:田川 学

物置の設置をご希望のお客様は、自転車を収納したい方が多いです。選ぶポイントは、奥行きを180cm確保することにあります。子供用の自転車を収納する場合は奥行き150cmあれば良いですが、小学校の高学年くらいから大人用の自転車に乗り始めます。奥行き180cmあると、大人用の自転車を真っすぐ収納することが出来るので、物置のスペースを有効的に活用することができ、自転車の出し入れもしやすくなります。将来のことも含めて検討すると良いですね。

カーポートは車の経年劣化を遅らせる効果があるのと同時に、雪かきの手間を減らすこともできる一石二鳥のアイテムです。お車を大切に保管されたい方や、庭(敷地)が広い方、積雪の多い地域にお住まいの方は、是非ご相談ください。

営業担当 田川学

カーポート新設・アスファルト舗装

カーポートの設置と、敷地内アスファルト舗装工事実例です

カーポート新設後の外観
DATA カーポート新設・アスファルト舗装
住宅の種類 戸建
建築構造
築年数
施工地 札幌市南区
施工日数 6日間
施工年 2015年
施工内容 カーポート新設・アスファルト舗装
施工費用 約80万円
家族構成
間取り
当社ホームページの施工例をご覧いただき、問い合わせくださいました。

施工前の様子

施工前は、駐車スペース・花壇・インターロッキングのアプローチという構成の外構でした。

既存の敷地

施主様からの要望

外構・アスファルト舗装に関しては、施主様からの要望として図面を頂きました。

施工前後の様子

砂利の駐車スペースをアスファルト舗装し、カーポートを設置いたしました。
下の写真は、施工前後の全景写真です。カーポートの支柱は埋設深度を充分にとってあります。民地石など見切りに接するアスファルトが沈み込まないよう細心の注意を払って施工しております。

施工前後の外観

下の写真はカーポート部分の施工前後の様子です。丁寧に施工されているかと思います。

施工前後のアスファルト

カーポートを裏から撮影しました。丈夫な作りが写真からも見て取れるかと思います。

丈夫な造りのカーポート

花壇だった場所もきれいにアスファルト舗装いたしました。
玄関まわり・花壇周りのアスファルトは水勾配に注意しすりつけ勾配施工いたしました。

アスファルト水勾配施工

玄関ポーチ部分もご覧ください。

施工前後の玄関ポーチ
担当:佐藤 隆

引き渡し確認の際に若干の手直しがありましたが、価格・仕上がり共にご満足頂きました。

営業担当 佐藤隆

老犬にも優しいスロープ付ウッドデッキ

ワンワンブログを見てお問い合わせくださった施主様に、ワンちゃんにも優しいスロープ付きウッドデッキを制作いたしました。

スロープ付きのウッドデッキ
DATA ウッドデッキ設置工事
住宅の種類 戸建
建築構造
築年数 新築
施工地 札幌市白石区
施工日数 6日(天気で前後します)
施工年 2012年
施工内容 束石設置・ウッドデッキ製作・塗装工事
施工費用 約70万円
家族構成
間取り
愛犬家住宅コーディネーターの長沼が担当した施工事例です。

施主様からの要望

外でトイレをさせている老犬のために スロープ付きのウッドデッキを作ってほしい。とのことでした。

プラン図

足腰が弱くなってきたワンちゃんでも、比較的楽に上り下りできるよう緩やかなスロープをご提案しました。

緩やかなスロープの提案

施工前後の様子

下の写真は束石を設置している様子です。この上にウッドデッキが設置されます。

束石(土台)設置の様子
デッキ土台(束石)の設置

完成したウッドデッキ

こちらが完成したウッドデッキです!
白いウッドデッキと庭木の緑がとても美しいです!

白色塗装のウッドデッキ

余った材料でちょっとした棚や簡単なベンチも作成しました!

ウッドベンチ制作

そしてこちらが注目のスロープです!
スロープの奥はワンちゃんのおトイレスペースとなります。
ゼオライトと呼ばれる殺菌力の高い石を敷き詰めました。

スロープの先に犬トイレ

ウッドデッキを外側から見た写真がこちら。柵の奥がスロープです。

ウッドデッキスロープ

施主様の愛犬も、上手に上り下りすることが出来ました!

スロープを歩く犬
喜んでいる犬
お客様の声

スロープも踏み台もラブに合わせた物に仕上がって、本当に嬉しく思っています。
沢山のわがままな注文にも笑顔に対応して頂き、本当に感謝しています。

担当:長沼 利真

老犬のスロープは、長ければ長いほどいいです。
敷地の広さ、工事箇所の広さなどで異なりますが、同じようなお悩みの方は、一度スロープを仮設して「上れるかな?」というのを確認すると間違いないです。

営業担当 長沼利真

屋根塗装工事【札幌市西区】

屋根の塗装を施しまるで新品のような屋根に。スノーダクト部分は防水塗装。

塗装完了後の屋根の様子
DATA 屋根塗装工事
住宅の種類
建築構造
築年数
施工地 札幌市西区
施工日数 1週間
施工年 2016年
施工内容 既存屋根塗装(スノーダクト部分は防水塗装)
施工費用 約45万円
家族構成
間取り
当社ホームページを見て問い合わせ頂いたお客様です。

施工前の様子

スガモレがあり全体的に傷みが見られました。
特にスノーダスト部分は加工がはがれていて家の中に水が入ってきていました。

既存の屋根

施工後の様子

塗装後はまるで新品のようにきれいになりました。

塗装後の屋根
屋根塗装後の外観

スノーダクト部分にはしっかりと防水塗装を施してあります。

防水塗装スノーダクト
担当:佐藤 隆

スノーダクトに防水塗装も施しキレイに仕上がりましたので、屋根からのスガモレの心配はしばらくないと思います。
お客様にも大変ご満足いただきました!

営業担当 佐藤隆

玄関戸締りの不安解消リフォーム

古くなった玄関のドアを新しいドアに替えて、老後の不安を解消しました。
オートロックでカギの締め忘れを防ぎ、玄関の防犯強化・冷気対策を行った施工事例です。

戸締り不安解消リフォーム
DATA 玄関ドア交換工事
住宅の種類
建築構造
築年数
施工地 札幌市白石区
施工日数 1日
施工年 2019年
施工内容 リクシル リシェント玄関ドア(M77型、片袖飾り、中桟付、ポスト付)
施工費用 約43万円
家族構成
間取り
老後の戸締りを心配しているお客様。防犯性があり、オートロック設定の出来る玄関ドアで、不安を解消しました。(施工担当:澤野優二)

お施主様からのご要望

戸締りの不安を解消したい。との事でした。

施工のポイント

カギの締め忘れ、足腰の負担など、戸締りに関する老後の不安を解消するため、ショールームへ赴き、商品を徹底的に追求しました。

カギの締め忘れは、オートロック設定の出来るドアで対策。
足腰にかかる負担は、離れた場所からでも施解錠の出来るコードレスキーを付けることで対策。


その他にも、ピッキング対策に効果的な仕様と破壊されにくいガラスで防犯性に優れていることや、寒冷地仕様のドアで冷気対策になることを踏まえ、リクシルのリシェント玄関ドア(M77型)に交換しました。

施工前の様子

こちらが施工前の様子です。

交換前の玄関ドア

施工後の様子

こちらが施工後の様子です。

交換後の玄関ドア

以前よりも軽く、立派なドアになりました。

玄関ドアはオートロックにすることで、出先で「カギを掛けたかな…?」と不安に思うこともなくなります。
帰宅時の解錠は、リモコンキーを携帯しておけば、ドアのボタンをタッチするだけ。とても簡単です。
ドアも軽いので、開け閉めも以前より楽になったと思います。

お客様の声

当初、どのようなドアになるか検討がつかなかったのですが、求めていた以上の出来にとても満足しました。
今後も細く長くお付き合いしたく思っておりますので、また何か困ったときは連絡します。

担当:澤野 優二

大変満足の、「◎」を頂きました!
お施主様の要望にプラスして、防犯性能の強化や、寒さ対策ができたことで、金額以上の価値が生まれたと思います。
玄関ドアの工事は1日で完了しますので、なかなか時間がとれない方にもお勧めのリフォームです。お見積りは無料ですので、まずはお問い合わせください!

営業担当 澤野優二

隙間風対策 外窓交換工事

隙間風が入り寒かった寝室の外窓を交換した事例です。

外窓交換後
DATA  外窓交換工事
住宅の種類
建築構造
築年数
施工地 札幌市白石区
施工日数 1日
施工年 2014年
施工内容 2階寝室外窓交換 木製の内窓撤去し外窓を交換
施工費用 約35万円
家族構成
間取り
以前から何度か工事をさせて頂いている大切なお客様から頂いた事例の一つです。

施工前の現場の様子

窓を閉めても、枠がゆがんでいるため上部に隙間が出来、室内に冷気が入ってくる状態でした。
こちらの部屋は寝室で、窓のすぐ近くにベッドがある為、かなり寒い思いをしていたと思います。
掛け布団もかなり冷たくなっておりました。

ゆがんでいる窓枠

施主様からの要望

●開口部の歪みにより戸が閉まらなくなり隙間風が吹き込んでいた為異常に寒い。
●目張り等していたが効果なし。
●窓枠のゆがみのせいでスムーズに開け閉め出来ない状況。
上記のような状態を何とかしてほしい。 とのことでした。

施工前後の様子

元々2重サッシでしたが、外窓部分をペアガラスに変更し、内窓は撤去しています。
施工の様子をご覧ください。

2階の外窓交換をするので、まずは足場を組んでいきます。

足場組立

足場が完成しました。

足場組立完成

まずはもともと設置されている窓を取り外します。

既存窓の取り外し

新しい窓枠を、既存の枠に被せる形で設置します。

窓枠を被せる

新しく設置した窓枠を外側から見た様子です。
既存の枠の内側にもう一つ枠があるのが分かると思います。

新しい窓枠設置

新しく取り付けた枠の外側に、もう一つ枠を取り付けます。
こうすることで、既存の窓枠は内側も外側もすべて新しい枠の内部に収まります。

窓枠二重設置

新しく設置した窓枠にペアガラスの引き違い戸を入れました。

ペアガラス引き違い窓

新しいサッシが入り綺麗になりましたが、以前2重サッシだったため、 窓枠の奥行が深く既存の枠が内側にはみ出ています。

内側の窓の様子

内側にも部材を取り付けて綺麗に仕上げました。

内窓の仕上げ
内窓の様子

内窓が入っていた部分もきれいに納まっています。

担当:渡邊 隆義

かなりの間寒い思いをされていた様です。
ペアガラスなので、断熱効果は今までとはかなり違いますね。
猫ちゃんも喜んでいた様です。内窓交換も是非当社で!お問い合わせ下さい。

営業担当 渡邊隆義

屋根塗装施工例【札幌市北区】

いつもお取引させていただいている不動産屋さんからのご紹介で、屋根塗装工事を行いました。

屋根塗装工事
DATA 屋根塗装工事
住宅の種類
建築構造
築年数
施工地 札幌市北区
施工日数 3日
施工年 2012年
施工内容 既存屋根の錆落し、錆止め塗装 シリコン塗装
施工費用 約30万円
家族構成
間取り

施工前の様子

現状の板金ではいつ水漏れが起きてもおかしくない状態でした。この機会に確認ができて本当に良かったです。

施工前の板金

施工前後の様子

屋根塗装後はまるで交換したようにきれいになりました。
サビを落してサビ止め塗装・シリコン塗装を施しましたので、耐久年数も上がりました!

担当:長沼 利真

板金(屋根材も)ほとんどの商品が消耗品です。
あまり劣化が進みすぎる前に、定期的にチェック、メンテナンスを行いましょう。
適度なメンテナンスが後の大きなリフォームの予算になることもあるでしょう!

営業担当 長沼利真