プレハブ小屋の部分補修と内装工事

プレハブ社屋休憩所
DATA
住宅の種類 プレハブ小屋
建築構造
築年数
施工地 札幌市北区
施工日数 約3日間
施工年 2019年
施工内容 床の部分補修、タイルカーペット貼替、天井・壁クロス貼替
施工費用 約30万円
家族構成
間取り
施工担当:堀内武尊

プレハブ事務所 内装工事

日頃よりお付き合いの深い業者様からご紹介いただきました、プレハブ小屋修繕工事の事例です。
黒く腐ってしまった木下地の交換を速やかに行いました。

施工前の様子

↓こちらが施工前の様子です。近づかなくても黒く汚れてしまっていることが、はっきりと分かります。
以前は物置に使用されていたそうです。

カビと汚れがひどい既存のプレハブ小屋

施主様からのご要望

事務所移転をきっかけに、大きな倉庫とプレハブ小屋を借りました。
プレハブ小屋を社員の休憩所に使用したいのですが、状態が悪いので内装をきれいにしたい! とのご要望でした。

施工のポイント

★腐食した床の部分補修

部分的に床の下地が腐食していましたので、下地と床板を新しくしました。
施工前から施工後までの流れをご紹介いたします。

既存のタイルカーペットをはがしてみると、床板の表面が黒くなっていました。

黒く劣化した床

一部、黒くひどい状態の場所がありましたので、その部分の床板をはがすと、下地まで濡れて腐っている状態でした!

腐食した床下

床板を受ける横木が腐食し真っ黒い状態です。
一目では木材と認識できないほど、黒く変色してしまっています…

黒く腐食した木下地(横木)

きれいに掃除をし、大工さんが新しい木材に交換しています。

床の木下地交換中

上から床板を新しく取り付けて補修完了です!
下地の腐食範囲が狭かったため、作業は短時間で、とてもスムーズに行うことができました!

床の補修完了

腐食の原因は、下地の木材が濡れていることでした。
プレハブ小屋は倉庫内に設置してあり、コンクリートの床に直接木材を打ち、建てられていました。施工前に状態を確認いたしましたが、コンクリートの床に水は溜まっていませんでした。
おそらく以前の使用者が倉庫内で大量に水を使い、はけきれなかった水が施工部分にたまり、木材が水を吸収したことで腐食したと思われます。

★貼替工事

天井と壁のクロスと、床のタイルカーペットをお施主様に選んでいただき、貼替工事を行いました。

内装工事の仕様

施工後の様子

施工前と施工後の写真がこちらです。

プレハブ内装の施工後
プレハブ内装工事後の様子

とてもキレイになりました!
タイルカーペットなので横になっても冷たくありませんし、休憩所として気持ちよく使用することができそうですね!
お施主様や社員の方々にも大変お喜び頂けました!

修繕工事で大事なこと

早期発見 と 早期修繕

今回の事例のように、見えないところで木材が腐っていることがあります。
湿気がたまりやすい構造であった場合や、配管から水漏れしていた場合など、原因は様々です。

床の一部が柔らかい・カビが発生している・表面が黒ずんでいる・・・こういった症状を見つけても「まだ大丈夫」と思っていると大変な工事費用になってしまうことも…

修繕工事は 早期発見早期修繕 が大切です。最小限の費用・最短の工期でおさえるためにもまずご相談ください!

担当:堀内 武尊

床の下地がひどく腐食した状態でしたが、範囲が狭かったので、短時間の施工で修理することができました。
今回は部分補修で済みましたが、リフォームは解体してみると、柱が腐食していたり、雨漏りがしていたり、無断熱であったりと「予想した状態と異なりビックリ」ということがあります。そういった事態はよくあることですので、その都度お客様や職人と相談しながら、迅速かつ柔軟に対応させて頂いております!
当たり前ですが、いつでも想定外の事態をふまえ準備し、お客様とお打ち合わせを行った上で工事を行っております。
些細なことでもお気づきになりましたら、どうぞご連絡ください!

営業担当 堀内武尊

玄関ドア取付工事施工例

玄関ドア取付工事施工例【札幌市中央区】

当社ホームページをご覧頂き、お問い合わせくださったお客様の玄関ドア交換工事を行いました。

DATA

玄関ドア取付工事施工例
地域:札幌市中央区
時間: 2日
リフォーム費用: 約13万円
施工内容: 既存スチールドアから木製ドア製作品(ガラス入り)に取替
施工年:2013年

完成したドア

 

施工前の現場の様子

施工前は既存のスチールドアでした。
下は外側から見たドアです。

施工前のドア全体

↓こちらは内側からみたドアです。

施工前のドア全体

 

施主様の要望

整骨院を開院するために、ガラス付の外から眺められる、掠れた雰囲気の木製ドアに取替えたい。

 

施工前後の様子

こちらが施工前のドアです。
施工前のドア全体

下向き↓

塗装前のドアです。これからクリア無しのオイルステン塗装を行います。
施工中のドア

下向き↓

オーナー様支給のハンドルバーが個性的な美しい玄関ドアに交換しました!
ドアは木の板目や節などのある雰囲気のよい材質を選んでいます。
オーナー様ご希望のクリア無しのオイルステン塗装もいい雰囲気をかもし出しています。

完成したドア01

完成したドア02

 

施主様の声

予想以上に、よく出来たので大変満足しています。ハンドルバー(オーナー様支給)と塗装がばっちりです。

 

ブラインドレール交換工事

バーチカルブラインドレール交換工事【札幌市中央区】

当社HPをご覧になり、お問い合わせいただいた札幌市中央区の法人のお客様です。

DATA

バーチカルブラインドレール交換工事
地域:札幌市中央区
施工期間: 2時間
リフォーム費用:7.5万円
施工内容:
ブラインドレールの交換
施工年:2013年

ブラインドレール交換後

 

施工前の様子

大きなバーチカルブラインドが取り付けてありましたが、紐での開閉が出来ない状態でした。

施工前のブラインド(紐の部分)

本体に異常はないため、手による開閉は可能でした。

施主様からの要望

「店舗入り口のブラインドレールの紐が切れてしまい、開閉が困難になったので修理してほしい」とのご要望でした。

施工のポイント

製品の構造上、紐だけを交換する事が出来なかったため本体(レール部分)の交換を行いました。
スラットは既存のものを再利用しています。

タチカワブラインド エコールの写真バーチカルブラインドとは細い帯状のスラットを垂直に並べて取り付けたブラインドのことです。

スラットを回転させることで、日照や視界を制御することができます。開閉操作が手軽で、スラットは左右、もしくは片側に寄せてたたむことができます。

高さのある大きな窓に適し、垂直にまっすぐなラインをもつため、室内にシャープでモダンな印象を与えてくれます。


 

まずはスラットを1枚ずつ外していきます。

スラッドを取り外している様子

 

次に本体を外します。長さも重量もあるため慎重に行います。
下の写真は、本体レール部分を外し終わった後の様子です。

本体

 

使用するのは「タチカワ」のバーチカルブラインドです。長さは4mあります。

レール本体

タチカワバーチカルブラインド

 

レール本体、スラットの順に取り付けていきます。

 

微調整を行い、作業完了です。

施工完了

 

ビルの工事(床の貼り替え)施工例

ビル空き室の床を長尺シートに変更

いつもお取引いただいているビルオーナー様からのご紹介で、賃貸テナントビルの改修工事を行いました。
テナント室内の床にPタイルが貼られていましたが、メンテナンスを考え長尺シートに変更しました。

DATA

ビル内改修工事
地域:札幌市中央区
間取り:3室
施工期間: 3日
リフォーム費用: お問い合わせください
施工年:2012年
施工内容:

  • 3室床タイル剥がし長尺シート貼り替え
長尺シート貼り完了

 

施工前の現場の様子

「タイルはつなぎ目から割れることがあるので、丈夫な床に変えたい。新しく綺麗な部屋にして入居率を上げたい」とご要望いただきました。
また、いくつかテナントが入っていましたので夜間作業になりました。

施工前の床面

工事中の様子

まずはタイルを剥がしていきます。

タイル剥がし中

タイル剥がし02

床の凹凸をなくすため丁寧に下地材を塗っていきます。

下地材を塗る

これから長尺シートを貼っていきます。

下地材塗布完了

 

施工後の様子

完成です!長尺シートはPタイルと違い、つなぎ目がないのでそこから割れる心配がありません。耐久性があり、長持ちしやすい床材です。

長尺シート貼り完了

 

絨毯補修施工例

絨毯の穴をピンポイントで塞ぐ

ホテルの食事ホールの絨毯に穴があいてしまいました。
このような問題は広大な部屋の絨毯をまるごと取り替えなくてもちょっとした工事で解決します!

DATA

絨毯穴補修工事
地域: 札幌市中央区
施工期間: 1日間
リフォーム費用: 約5万円
施工内容:絨毯穴補修
施工年:2012年

穴補修

 

 

施工の様子

穴その1

絨毯に穴があいています。まずは小さい穴を埋めます。

小さい穴の補修

施工の様子を動画でご覧ください

↓
穴がふさがったところです

綺麗にふさがりました!これはまったくわからないですね。

穴その2

今度はもう少し大きな穴です。

大きな穴の補修
↓ 

このような場合は、目立たない場所から近い色の絨毯を切り取り

完了2
↓
こちらにはいらないカーペットを詰め段差が出ないよう処理をします…

完了3

↓
修復が必要な穴にカットした絨毯を詰めます。
まずは、ギザギサの穴を綺麗な四角にカットし、接着剤でつけます

穴を綺麗な四角にカット

 

接着剤でつけます

動画で施工の様子をご覧下さい

 


↓ 

完了1

完成!こちらも目立たず綺麗な絨毯が復活です。

 

エレベータシート貼り

シートを貼るだけ!古いエレベータがメタリックに輝く!

札幌市中央区のビルエレベータ室内にメタリックのシートを貼り、高級感を取り戻しました。

DATA

エレベータシート貼り
地域:札幌市中央区
施工期間: 1日間
リフォーム費用: 約20万円
※リフォーム前の状況により価格は変動する場合があります。
施工内容:下地補修・エレベータシート貼り
施工年:2010年

リフォームが終了したエレベータ内

 

施工前の様子

エレベータの内部は年数が経過しかなり汚れていました。
これではビルを利用する方にマイナスの印象を与えてしまいます。

シートを貼る前のエレベータ

施工前

↓

シート剥がし

まずは下地の状態が悪い部分のシートを剥がします。

シート剥がしの様子

↓

続いてシートを剥がした部分にパテ(下地処理)を施します。
これは、仕上がった時に凹凸をなくすための処置です。
シートは下地をひろいやすいため入念に行います。

下地処理

下地処理下部

↓

そしてシートを貼ります。

シート貼りの様子

サンゲツメタリックカラーTC1901
今回使用したシートは
サンゲツメタリックカラーTC1901です

シート貼りの様子2

↓

完成しました!メタリックのシートで真新しいエレベータのようにピカピカです

施工完了

パネル部分

上部

これならエレベータを気持ちよく使うことができますね。

 

マンション屋上防水工事施工例

マンション屋上アスファルト防水工事

厚別区にあるマンション屋上のアスファルト防水工事を行いました。築25年のマンション、昨年あたりから雨漏りが多発し困っておられたようです。

DATA

マンション屋上防水工事
地域: 札幌市厚別区
施工期間: 2週間
リフォーム費用: 約400万円
施工内容:アスファルト防水工事
施工年:2011年

 

施工前の現場の様子

施工前の屋上

一見、問題ないように見える屋上ですが、築25年と言うこともあり、亀裂や劣化箇所が複数ありました。
上記写真のような亀裂から雨水が建物内に入り込み、問題を起こしているようです。

 

施工前後の様子

まずは、工事前の屋上をご覧ください。
これから下地を補修し防水工事を行います。

工事前の屋上の様子

まずは笠木(屋上周囲の上方に取り付けられる仕上げ材)を取り外し
防水処理面に防水シートとの密着をよくするための溶剤を塗布します。

下の写真は塗布後の様子です。
※写真中央にある板状のものが取り外した笠木です。

下地塗布

ヘリの部分は、防水シートが浮きやすくなるため、古いシートの端を切り取り密着を良くします。

古いシートの端を切り取る

ヘリに、防水のためモルタルを塗ります。

モルタルを塗る

いよいよ防水シートを貼っていきます。
丁寧に重ねながら貼ります。

防水シート貼り全体

防水シート貼りアップ

防水シートを貼る様子を動画撮影しましたので、そちらもご覧ください。

 

最後にシルバートップコートを塗布して完了です。

 

笠木も元通りに戻し施工完了した屋上の様子がこちらです。

アスファルト防水工事完了1

アスファルト防水工事完了2

細かな部分も丁寧に仕上げています。

アスファルト防水工事完了3

事務所改修工事施工例

事務所改修工事

事務所が手狭になってきたので、あまり使用されていなかった休憩室の仕切りを取り外し、営業さんたちのお部屋を作りました。
狭く感じられていた事務所も、リフォームですっかり広く快適になりました。
今回はクロス貼りの様子を撮影することが出来ましたので、お時間のある方はそちらもご覧いただければと思います。普段見ることのできないリフォームの様子やクロス貼りのポイントを説明しながら貼り替えしています。DIYを考えていらっしゃる方、クロス貼りの参考になるかもしれませんよ!

 

DATA

すけみつ 事務所改修工事
地域:札幌市白石区菊水
施工内容:クロス貼り替え・照明設置・仕切り壁解体

施工後の様子

 

 

施工前の様子

26帖の部屋に12人分のデスクとオフィス用品が並んでいました。建材の見本帳やカタログなども沢山あり少々手狭に感じておりました。

 

施工の様子

事務所内の壁を一部解体し、壁紙を貼り替えて営業さんたちのお部屋を作りました。
施工の様子をご覧ください。

 

仕切り壁解体

平面図

上の平面図を見ていただければ分かるかと思いますが、元々休憩室だった場所を一部解体しました。
上図のピンク色の部分が解体した場所です。メインルームからみた図を下に載せます。解体した場所を立体的に見ることが出来ます。

この壁を解体しました

 

クロス貼り

今回使用した壁紙は、ルノンさんの空気を洗う壁紙です。
当社施工例に、よく登場するこの空気を洗う壁紙は、お部屋の気になるニオイを強力に・半永久的に 消臭(吸着・分解)してくれるすぐれものです!
色や風合いもさまざまありますので、お部屋に合った素材をお選びいただけますよ!
そして当社営業部屋に採用したのは、下の2つ。基本は白地で部屋の一面のみ落ち着いたブラウンの壁紙を採用しました。

壁紙

 

ここからは、クロス貼りの様子を動画でご覧ください。
古い壁紙をはがし、表面を平らにするためにパテを埋め、新しい壁紙を貼る様子をご覧いただけます。

 

今回は自社の改装ということで、クロス貼りの様子を動画撮影しました。
上はその一部です。リフォーム最中の様子を見る機会というのは、普段あまり無いかと思います。この機会に是非ご覧いただければと思います。

 

 

オフィスパーテーション設置工事

オフィスパテーション設置工事【札幌市中央区】

DATA

オフィスパーテーション工事
地域:札幌市中央区
施工期間:3日
リフォーム費用:約160万円
施工内容:移転先のオフィスへのパーテーション工事
施工年:2018年

施工後

お施主様との出会い

当社HPをご覧になりご連絡をいただきました。

施工前の様子

施工前のオフィス

間仕切り壁が何もない広いオフィスでした。

お施主様からのご要望

事務所感のあるしっかりとした間仕切りによる応接・会議室を作って欲しいとの事でした。

レイアウトに関してはお客様から図面による指示がありました。

施工の様子

パーテーションを設置する際は照明器具やスイッチ等、既存の設置物の位置を確認し避けていくかが大事なポイントです。

スミだし

まずは、パーテーションを設置するところのタイルカーペットをはがし、墨だしをしていきます。

墨だしに合わせてパーテーションの枠を取り付けていきます。

パーテーション枠の取付
パネル設置

枠が完成したらパネルをはめていきます。

施工後の様子

施工後

今回はしっかりとした間仕切りとのご依頼で、重厚感のあるスチールパーテーションを採用させていただきました。

遮音性も備えている為、応接室や会議室など 声を遮りたい場所にも向いている製品です。

事務所内床張替え工事

事務所内床張替え工事【札幌市豊平区】

現在稼働中の事務所の床を一日で張替えました

DATA

事務所内 床張替え工事
地域:札幌市豊平区
施工期間:1日
リフォーム費用:約34万円
施工内容:床張替え工事
施工年:2018年

施工後

お施主様との出会い

当社HPをご覧になりご連絡いただいたお客様です。

施工前の様子

経年によって汚れが目立ち、さらに床のコンクリートがむき出しになってしまっている状態でした。

既存の床材は店舗用の少し厚めのクッションフロア

施工前~傷んだ床

お施主様からのご要望

事務所内への来客も多く、傷んだ箇所が目に付く為、見栄えをよくしたい。

施工の様子

●稼動中の事務所の工事となるので、電気配線に関する打ち合わせを入念に行い、それぞれの電源抜き差しの可否などを事前にしっかり確認しました。

●施工箇所のお荷物をまとめさせて頂いてから床材をはがし、傷んだ下地を平らに補修していきます。

荷物を移動してから施工

施工後の様子

施工後

今回の床材は既存のものから変更し、汚れが目立ちにくく耐久性の高いワックスフリーの長尺シートを使用して仕上げました。

見違えるほどキレイになり、まるで新しい事務所にお引越ししたみたい!
気持ちもリフレッシュできそうですね!

施工後2