ビル共用部のトイレを洋式に【札幌市豊平区】

ビル共用部のトイレを洋式に【札幌市豊平区】

ビル内の2フロア分の共用部の男性トイレ、女性トイレを洋式にリフォーム

DATA

共用トイレを洋式にリフォーム
地域:札幌市豊平区
施工期間:1週間
リフォーム費用:約180万円
施工内容:和便器を洋式へ変更、建具開き勝手変更
施工年:2018年

施工後のトイレ

施工前の様子

施工前
施工前

男子トイレ、女子トイレ共に個室の便器は和式、ドアは内側に開くタイプ。
男子用小便器は手動です。

お施主様からのご要望

以前に同じ工事をさせて頂いたお客様からのご紹介です。

オフィスビル2F、3Fの共用部の共同トイレを和式から洋式に変えたい。
これに伴い、個室のドアを外向きに開くように変えて欲しい。
また、男子用小便器は自動洗浄にしたい、とのご依頼でした。

施工のポイント

機器撤去・排便管移設

機器撤去①

機器撤去②

機器撤去③

機器撤去④

排便管移設

排便管移設

下地補強・モルタル打設

下地補強①

下地補強②

下地補強③

下地補強④

下地補強⑤

機器撤去⑥

長尺シート貼り

長尺シート貼り

便器・タンク設置、給排水接続

便器・タンク設置①
便器・タンク設置②
給排水接続①

施工後の様子

下地補強②

・1日目 和便器解体、床モルタル補修
・2日目 床仕上げ工事、コンセント増設工事
・3日目 建具工事、塗装工事
という様にできるだけ工期を短縮し、週替わりで2フロア分の工事を行いました。

外壁塗装工事

外壁塗装工事【札幌市中央区】

札幌市中央区にある会社様建物の外壁塗装を行いました。

DATA

外壁塗装工事【札幌市中央区】
地域:札幌市中央区
施工期間:2日
施工内容:外壁塗装工事
施工年:2014年

外壁塗装後の工場

お客様との出会い

ホームページよりお問い合わせいただきました。

施工前の現場の様子

現状の外壁は劣化している状況でした。

塗装前の工場

鉄骨階段も併せて補修します。

鉄骨階段補修前

施工の様子

足場をかけて塗装します。

足場

外壁の劣化が写真で確認できますね。

足場2

外壁塗装後の様子はこちらです。

外壁塗装後全体

鉄骨階段も補修しました。

鉄骨階段補修済み

アスファルト防水工事事例

アスファルト防水工事事例

以前工事させて頂いたお客様から、今回は屋上防水工事のご依頼がありました。

DATA

アスファルト防水工事事例
地域:札幌市白石区
施工期間: 約5日
リフォーム費用: 約220万円
施工内容: 屋上アスファルト防水
施工年:2015年

アスファルト防水工事施工後の様子

 

施工前の様子

こちらの写真は施工前のビル屋上の様子です。

施工前の屋上の様子

シート防水の保護層部分がふくれ、亀裂も入っており、コーキングも硬化しておりました。

施主様のご要望

「経年劣化が見られるため早急に施工して欲しい。」とのことでした。

施工の様子

下の写真は施工面の下地処理を行っている様子です。
既存の保護層をすべて補修し、2重の防水層を施工します。

下地処理01

立ち上がり面などは特に丁寧に作業いたします。

下地処理後

下所処理された施工面に防水シートを施工します。

防水シート施工中

立ち上がり施工中

ドレン、笠木、塔入口廻りなど役物周辺の納まりに特に注意し施工しています。

笠木部分

塔入口部

 

施工後の様子 

施工後の屋上の様子をご覧ください。

施工後の屋上全体

細部までしっかり施工させて頂きました。

塔入口部完成

オフィス内装施工

オフィス内装施工

弊社ホームページ施工例を御覧いただき、お問い合わせいただきました。

DATA

オフィス内装施工
地域:札幌市中央区
施工期間: 約6日
リフォーム費用: 約180万円
施工内容:
新オフィス間仕切り・パーテーション・サイン工事
施工年:2016年

オフィス内装工事

 

施工前の様子

間仕切り壁など何もないオフィス空間でした。
このスペースに接客スペース・セミナースペース等を造っていきます。

施工前のオフィス内観

施主様のご要望

接客スペースとセミナールーム間のパーテーションはガラス等開放感のあるものが良いとのことでイメージ写真を提示していただいております。レイアウトに関しても施主様から図面指示がございました。

プランボードでご提案

お客様のイメージをより具体的に共有する為、内装のプランをご提出させて頂きました。

プランボード

このプランを元に、細かな修正を加え施工に至りました。

 

施工のポイント

ガラスのパーテーション

ガラスのパーテーションは開放的でありながらも存在感を持たせたかったので、薄いグリーンの透明フィルムを貼りました。このフィルムは万が一割れたときの飛散防止にもなっております。

ガラスにパーテーション

薄いグリーンの透明シート貼

クリアでありながら存在感のある美しいパーテーションになりました。

接客スペースのパーテーション

接客スペースのパーテーションにはブルーのクロスを貼り、白い空間の中にアクセントを加えました。

接客スペースのパーテーション

ドアサイン・ガラスサイン

各部屋のドアは明るい木目の扉に白文字でサインを入れ、上品に仕上げています。

ドアサイン

ドアサイン2

入口ドアはガラスの親子扉に変更し、こちらも白で社名を入れております。

入り口ドア施工前後

スタッフルーム部分の窓には、すりガラス状のシートと社名を入れました。

窓シート

 

玄関タイル張り工事

法人ビルの玄関タイル張り工事【札幌市中央区】

リピートでお問い合わせいただいた札幌市中央区の法人のお客様です。

DATA

玄関タイル張り工事【札幌市中央区】
地域: 札幌市中央区
施工期間:1.5日間
リフォーム費用: 約7.5万円
施工内容:玄関タイル張替え
施工年:2015年

タイル張り後の玄関

 

施工前の様子

古いビルの玄関で、経年劣化によりタイルが剥がれ落ち、下地が見えている状態でした。

タイル張り前の玄関の状態

 

施主様からの要望

「タイルが剥がれたので張り替えて欲しい。」とのご要望でした。

施工のポイント

剥がれた部分だけタイルがレンガ調でしたが、今回の工事を機に同じ柄で統一しました。
また、今回は壁の中央にわずかながら角度がついているため、タイルを角度のある真ん中から貼り始める必要がありました。

壁の角度

通常タイルは端から端へと順番に貼り付けますが、このような壁の場合、角度のある位置までにタイルがぴったりと収まらなければそこで余分なタイルをカットしなければならないため、見た目が良くありません。
そのため今回はタイルが収まりきらなかった時のことを考え、中央の角度のあるラインを境にタイルを貼り付けていきました。

タイル張り工事の様子

まずは既存のタイルを全て綺麗に剥がします。

玄関タイルをはがす


次に下地の凹凸を削り表面を平らにするなどの下地調整を行い、タイルを接着するためのモルタルを塗っていきます。
モルタルは乾いてきてしまうとタイルとの接着が悪くなり、完成後も剥がれやすくなってしまうため、タイルを貼る分だけ少しずつ塗っていきます。

モルタル塗布


タイルを貼っていきます。
今回使用するタイルは1枚ずつバラバラになったものです。
タイルによっては裏にメッシュが張ってあり、複数枚を一度に張れるシート状のものもありますが、今回は角度のある壁面に張り付けるためこちらのタイルを一つずつ貼りつけていきます。

使用するタイル

それではムービーで施工の一部をご覧下さい。

 



通常タイルは端から端へと順番に貼り付け、最終的にタイルが収まりきらない場合はそこでカットしますが、今回はタイル一つ一つが最後までぴったり収まり、カットの必要もなくきれいに貼り付けることができました。

ビブラート使用


タイルと接着剤が上手く接着するよう、ビブラートを使用して密着させます。
ビブラートとはタイルに振動を与えモルタルとの密着性を高めるための専用工具で、こちらの工具を使用することで塗り置き時間(モルタル塗布後、タイルを貼るまでの時間)が長くなってしまっても接着性への影響が少なくすることができます。

 



微調整を行ないます。
ビブラートの振動により生じたタイルのずれや、目地部(タイルとタイルの間の隙間)に盛り上がったモルタルなどを最後にきれいに修正して仕上げていきます。

ビブラートでタイルを密着させる

施工後の様子

完成です。角度がついた箇所も綺麗に納まりました。

施工前後のエントランスタイル

 

パーテーションシート貼り

パーテーションシート貼り【札幌市中央区】

既存のパーテーションにシートを貼った施工実例です。

DATA

パーテーションシート貼り【札幌市中央区】
地域:札幌市中央区
時間: 約1.5時間
リフォーム費用: 約6万円
施工内容:シート貼り
施工年:2014年

パーテーションシート貼り完了

 

 

施工前の現場の様子

ごく一般的なパーテーションが設置されていました。

施工前のパーテーション

 

施主様の要望

「クリニック開業するにあたり、パーティションの色を変えてほしい。」とのご要望でした。

施工の様子

まずは下地を確認します。凹みやキズがある場合は調整します。
綺麗な桜色のシートを貼っていきます。

シート貼りの様子

シート貼り

 

完成です。雰囲気が明るくなりました。

シート貼り完成

 

法律事務所の移転に伴う書架の移設・造作工事他

法律事務所の移転に伴う書架の移設・造作工事他【札幌市中央区】

札幌市中央区の弁護士事務所様の事務所移転に伴い、造り付けの書架の移設・造作工事等を行いました。
移転先の事務所の天井高にあわせ、大きかった木製書架を分解しサイズを変更して移設しています。

移転先の事務所にあわせサイズリフォームした書架

 
DATA

法律事務所の移転工事
地域:札幌市中央区
施工期間:約2週間
施工内容:
新規間仕切り(会議室・応接室・更衣室・書架)、新規購入備品(移動書庫)、既存備品の解体移設、ビジネスホンの購入・新設
施工年:2014年

移転工事後の事務所

 

お客様との出会い

移転前の事務所を新装した時の業者が廃業してしまったとのことで、ホームページにて新たにお問い合わせ頂きました。
他社にもお見積もりをとっておられましたが、既存の書架の移設が可能だった弊社にご依頼頂きました。

お客様からのご要望

作り付けの木製書架及び既製品のスチール製スライド書庫が移転先の事務所の天井高と合わず、どうにか移設できないか、とのご要望でした。

施工のポイント

移転前の事務所では大量の書物を保管するための大きな作り付けの書架が設置されていましたが、移転先の事務所とはサイズが合わず、このままのサイズでは移設が不可能な状態でした。

 

下向き矢印

移転後の事務所図面

そこで、木製書架は上下に、スチール書庫は単体のボックスに分解し、移転先に収まるサイズにして設置することで対応しました。
さらに書類が増えるので既設と同じ、スライド書庫の高さの低いタイプを新規で購入いただき、設置しました。
また、木製書架で、寸法の合わない部分は同様の素材を使用し、既存のものと全く同じものを新たに作成しました。

 

▼書架解体・移動作業 ▼間仕切り壁の造作 ▼スライド書庫変更

書架解体・移動作業

まずは書架を解体し、移転先の事務所に運びます。

木製書架解体中

解体後の木製書架

法律事務所ということで、膨大な書籍や資料を保管するための書架が、壁いっぱいに並んでおりました。

廊下の木製書架を解体

スチール書庫解体

▲戻る ▲TOPへ

 

間仕切り壁の造作

次にオフィスを間仕切る壁を造作し、応接室・更衣室・書庫・会議室の4部屋を作っていきます。

間仕切り壁作成前の事務所

 

書架を所定の位置に移動し、壁の下地を組み立てて行きます。

間仕切り作成

壁を設置し、この後、クロスを貼り仕上げていきます。

壁を設置

クロスを貼り、建具の設置が完了し、間仕切壁の完成です。
何もないまっさらな状態だった事務所に4つの部屋が出来上がりました。

間仕切り完成

▲戻る ▲TOPへ

 

スライド書庫変更

既存の木製書架を移転先の事務所の天井高に合わせ分解してサイズ変更を行い、使用出来る様にします。

移転前の木製書架の配置

下向き矢印

移転後の配置

木製書架を上下の重ね部分で分割し、会議室と応接室の二部屋に分けて設置しています。
また、わずかに余ったスペースに同じ素材を使用して新たに書棚を製作して組み込みました。

新規作成書棚

▲戻る ▲TOPへ

 

完成後の書架

移設後の様子です。きれいに分解し、大会議室と応接室に分けて新たに設置しました。
天井高が合わなかった造り付けの立派な書架を、捨てることなくリメイクすることができました。

会議室全景

 

書架の下部

 

書架の上部

 

応接室の書架

 

書架の上部

 

多機能ビジネスホン「CrosCore」設置

移転前の事務所で使用されていたビジネスホンが旧型で回線を増やす事が出来ないため、
移転を期にOKIの多機能ビジネスホン「CrosCore」をシステムごとご購入頂き、設置いたしました。

多機能ビジネスホン設置

 

「CrosCore」は豊富なビジネスホン機能と多彩なコミュニケーション端末に加え、
セキュリティ機能も充実しております。オフィスに合ったビジネスホンもご提案いたしますので是非ご相談下さい。

多機能ビジネスホン「CrosCore」

 

不動産鑑定士事務所のオフィス改装・設備工事

不動産鑑定士事務所のオフィス改装・設備工事【札幌市白石区】

不動産鑑定士事務所のオフィス改装・設備工事の施工例です。

DATA

不動産鑑定士事務所のオフィス改装・設備工事
地域:札幌市白石区
施工期間:6日間
リフォーム費用:約160万円
施工内容:
事務所内に壁・扉設置、ブロックキッチン設置、給配水接続、電気温水器設置、ストーブ設置
施工年:2014年

内装・外装工事を行いリニューアルした不動産鑑定士事務所

 

お客様との出会い

ホームページにてお問い合わせ頂いた白石区の法人のお客様です。

お客様からのご要望

「事務所を開業するにあたり、部屋の奥に間仕切の壁を造り、キッチン・温水器・ストーブを設置して欲しい」とのご要望でした。

 

工事前の事務所の様子

内装はまだ新しい様子で壁には真っ白なクロス、床はクッションフロアが敷かれており、照明・トイレ・手洗い器が設置されておりました。

施工前の事務所の内装

 

この様に何もないまっさらな状態の空きテナントに設備工事や壁の造作を行いオフィスに改装していきます。

施工後の図面 クロス仕上げの詳細へ 水回り設備工事の詳細へ ロールスクリーン設置の詳細へ 仕切り壁造作の詳細へ 水回り設備工事の詳細へ FFストーブ設置の詳細へ

※青い文字をクリックすると各施工の詳細に移動します。

 

施工のポイント

キッチンの設置に関して既存収納スペースを加工しました。 ちょうど給水、排水はあるので お湯を取るために小型の電気温水器を設置し、 付随の工事が最小限に抑えるように施工しました

既存設備を利用し施工

 

オフィス改装・設備工事の様子

▼ストーブ設置 ▼間仕切り壁の造作 ▼クロス張替え ▼水周りの設備工事 

■ストーブ設置

工事着工が真冬ということもあり、まずはストーブを設置します。

ストーブ設置中

既存のストーブの配管がありましたので、こちらを再利用します。

ストーブの配管

下向き矢印

今回使用するストーブはサンポットのFF-7000BFという、木造で19畳、コンクリート造で31畳まで対応できるものです。

ストーブ設置後

▲戻る ▲TOPへ ▼次へ

 

 

■間仕切り壁の造作

事務所を間仕切る壁を組んでいきます。 移動の手間を省くため、スペース内に先に什器を入れます。

事務所に什器搬入

 

しっかりと養生します。

ユニットハウス内装工事

ユニットハウス内装工事【石狩市】

以前に弊社でリフォーム工事させていただいた法人のお客様です。

DATA

ユニットハウス内装工事【石狩市】
地域:石狩市
施工期間: 3日
リフォーム費用: 約30万円
施工内容:壁クロス張替え(下地調整込み) 45㎡、床タイルカーペット張替え 26㎡、天井塗装 26㎡、ドア塞ぎ加工、事務用品移動費含む
施工年:2013年

ユニットハウス内装工事

 

施工前の様子

プレハブ式ユニットハウスの内装材が経年で劣化していました。

施工前のユニットハウス

施主様からのご要望

「内装を全て張替え、天井を塗装し、ドアを塞いでほしい。」とのご要望でした。

施工の様子

冬季期間に建設現場の仮設事務所であるプレハブのユニットハウスをリフォームしました。すぐに休息できるよう、あまり時間を掛けない工事を心がけました。

 

1.ドア塞ぎ

入り口が2つありましたが、1つしか使わないことと、隙間風で寒いとのことでしたので塞ぐことにしました。ドアの取っ手を外すことで開けられなくし、内側から板を貼って塞ぎます。

ドア塞ぎ

矢印

接着材

 

2.天井塗装

ヤニで変色していました。シミ止め処理を施し、全面塗装します。

Before

工事前の天井

矢印

After

工事後の天井

 

 

3.壁クロス

白を基調としたクロスで張替えます。

クロス張替

 

 

4.床タイルカーペット張替

事務用品を移動しながら張替えを行ないます。ブロックキッチンが設置してありましたので、一時的に外します。

カーペット張替

矢印

カーペット張替

 

5.完了

清掃し、キッチン、事務用品を元に戻して完成です。

完成したペントハウス