キッチンのリフォーム

キッチンのリフォーム

キッチンは、シンクとコンロ、引き出しと吊戸棚というごくシンプルな形から、動きやすく取り出しやすい、手入れがしやすく、簡単に片付けられる工夫に富んだ形へ、使う人の立場にたったさまざまなアイディアにより大きく進化しています。
ここでは、最新キッチンのおすすめ機能やレイアウトについてご案内し、新しいキッチンリフォームのヒントをまとめています。

多彩なレイアウト

スタンダードなI型

ごく一般的な直線型のキッチン。収納はオープンタイプなら横向きに配置される場合が多い。

I型対面

対面で直線型のキッチン。収納や冷蔵庫は後ろに配置される場合がおおい。

アイランドキッチン

中央にシンクを配置。島のようなのでアイランド。家族が一緒に調理するならオススメ。

変化しています!シンクの材質

シンクの材質はステンレスが一般的ですが、ナイロンタワシでこすると傷がついて錆びたり、曇って見栄えが悪くなるといった問題点があります。
そこで最近では、傷がつきにくく見栄えの良い樹脂素材やセラミックコーティングのシンクが次々と開発され、その素材は食器を落としても割れにくい弾力性を持たせるなど工夫に跳み、さらに進化を続けています。

素材によってメリットデメリットがありますため、特徴を充分に把握して、使う人の癖に合うよう意識して選ぶと良いでしょう。

おどろきの機能性!吊戸棚下収納

壁に面したキッチンでは、目の高さの位置にさまざまな工夫を施すことができます。スッと降りてくる棚や、光を取り込む棚、乾燥させながらしまえる棚など商品により特色があります。
高くて手の届きにくいところが電動で降りてくるような機能は、料理をいつまでも楽しむためのユニバーサルデザインともいえますね。

カウンター下の空間を余さず使う・・・多彩な収納技!

カウンターの下にある収納はほとんどのキッチンに与えられたスペースですが、引き出しの幅、高さ、形状により作業効率は大きく異なってきます。普段使いのこまごまとしたものを上手に片付けられるポケットタイプの開き扉や、大鍋用の引き出しの上の空間を余さず使おうとする機能など、商品により特徴があります。
ここにご紹介していますのはほんの一部。すけみつでは、さまざまなメーカーや商品の収納プランをご案内いたします。

ビルトイン機器の新しい機能

水栓

最近は、手を触れなくても近づけるだけで水がでるものや、ヘッドが延びて隅々まで簡単にお掃除できるものなど、水栓も形・機能が広がってきました。
先端の形状により、市販の浄水器の取り付けが難しいことがありますが、あらかじめ浄水器を内臓させるタイプもあります。

レンジフード

レンジフードの選択は、商品やキッチンのスタイルによってある程度制限がありますが、同じシステムキッチンでも数種から選択できることがあります。
お掃除の手軽さはもちろん、ライフスタイルによっては静音設計など気にして選んでみてはいかがでしょうか。常時換気に対応したものもあり、空気がこもりがちになってしまう住まいにはとても便利です。

周囲の収納パーツも便利がいっぱい!

間口でも広く使えるキッチンを提案しています。炊飯器など奥行きの必要な家電もくるりと向きを変えられる工夫を施しています。
蒸気排出ユニット付きで収納したまま家電が使えたり、トレーを引き出さずに炊飯や湯沸しができる収納パーツもご用意しております。