襖の構造と種類についてご案内します。

お問い合わせ
 
札幌のリフォーム会社すけみつ襖

ふすまについて

ふすまイメージ

ふすまは、平安時代から続く日本の伝統的な間仕切り建具です。
古くは源氏物語絵巻にも引き違いの襖が描かれています。

寝所に使用された「衾障子」が始まりで、それは、衝立の両面に絹織物を張ったようなものだったと考えられています。

ここでは古い時代から受け継がれてきてきた伝統ある襖について、ご紹介いたします。

 

襖の種類

和襖の構造ふすまの種類は、その芯材と形状によって数種類に分けられます。

まず芯材ですが、和ふすまと呼ばれる木製の組子骨を芯材としているものと、発砲スチロールやダンボールなどを芯にしているものがあります。発泡スチロールやダンボールなどを芯にしている襖は安価ではありますが、張替えしながら長く使いたいと言うことでしたら断然、和ふすまがオススメです。


襖は形状でも分けることが出来ます。代表的なふすまの種類は以下の通りです。

縁付き襖

縁付き襖骨を組んで下張りした下材に襖紙を上張りし、縁と桟を付けた襖で、ごくごく一般的に使用されているふすまです。

 

源氏襖

源氏襖1源氏襖2ふすまの一部を切り取り障子を組み込んだ襖を源氏襖と言います。
明かり取りにもなり、切り取り方もさまざまありますのでデザイン的にも美しい間仕切り建具です。
障子を組み込む場所やその形状は様々です。
 

 

太鼓襖

太鼓襖縁の無い襖で、襖の上下にはスリザンと呼ばれる薄い木を打ち付けます。主に茶室の出入り口に使われるふすまですが、最近ではモダン和風の和室に設置したりすることもあります。

 

戸襖

戸襖戸襖とは、和室と洋室の間仕切りに設ける建具で、洋室側は化粧合板などで仕上げ、和室側は襖紙を貼り廻りに薄い襖縁を貼り付けて襖のように見せたものです。

戸襖は内装ドアページでも紹介しています。ご覧ください。
室内ドア

オススメ商品内装ドアページもご覧ください。
内装ドア

 

ふすま紙について

ふすま紙にもいろいろな種類がございます。
紙の種類に関しては、畳ナビで詳しく紹介していますので、畳ナビ「襖の張り替え」ページをご覧ください!

襖の張替え

 

ふすまの張替、縁・引手の交換リフォーム

ふすまの種類は、その芯材と形状によって数種類に分けられます。

和ふすまは、ふすま紙の張替え以外にも、縁や引き手を取り替えて新品同様にリフォームできる建具です。
畳同様、何度でも生まれかわらせることが出来ます。
畳も襖も日本が誇るエコなツールであることは間違いありません。

 

襖の張替えをしたいと思ったら・・・

襖は何度でも張替えできる建具です。でも、張替え時期ってよく分かりませんよね。
畳の表替えをする時に、ついでに襖も張り替える。というのはいかがでしょう?
畳も襖も 当社でお預かりし、作業をして新品同様によみがえった状態で納めさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください!

 

ふすま張替えと一緒に畳も交換しませんか?畳のことなら畳ナビへ。
畳ナビ

障子ページもご覧ください!
障子について