事務所内 間仕切壁設置工事

間仕切壁設置工事完了
DATA
住宅の種類
建築構造
築年数
施工地 札幌市中央区
施工日数 3日間
施工年 2018年
施工内容 間仕切壁造作・グラスウール施工・クロス貼り
施工費用 約60万円

施工前の様子

パーテーションで応接室を仕切っているだけの、約60㎡のワンルームでした。

施主様からのご要望

約60㎡のワンルームを2社合同で使用しそれぞれコールセンターを設立する。
そのため間仕切りを設置し、下記要件をクリアした2部屋にしたい。

  1. それぞれ内法20㎡以上必要。
  2. それぞれ鍵付きの扉を設置。
  3. 電話している声が隣に聞こえない程度の防音。

施工のポイント

お客様のご要望は、現状仕切りのないお部屋を間仕切る事でした。各お部屋は法律上20㎡必要との事で、何度も打ち合わせを重ねた上、各お部屋を広く使えるように設計いたしました。

Before
Before図面
After
After図面
  • 施主様ご要望の要件①②は法律上必要で、①は特に施工後に変更は出来ないので、間違いのない様に何度も確認しました。
  • 要件③は、天井から床まで間仕切りを設置し、中に遮音性のある断熱材・グラスウールを施工する事で通常のマンション程度の防音性を確保しました。
  • 梁が多い建物でしたので、すき間からの音漏れがない様に、壁の取合いに気をつけました。
  • 遮音性とご予算を考え、木造の間仕切壁を採用しました。

施工の様子

まずは大工さんに、間仕切り壁の土台となる下地を作ってもらいます。

間仕切り壁の土台施工中

ていねいに墨出しをし、直線・位置・部屋の広さなど間違いが無いか確認しながら作業します。

墨出し

梁部分や見切りなどによるデコボコにも合わせて施工します。

下地が完成したら、壁となる「石膏ボード」を貼っていきます。

石膏ボード施工中

こちらも凹凸に合わせていきます。

凹凸に合わせてボードを貼ります

ここで隙間が多いと、断熱・防音効果が薄れてしまいますし、見た目も良くありません。隙間をしっかりと塞ぎます。

片面にボードを貼ったら、断熱・防音効果のある『グラスウール』を施工します。

グラスウール施工中

もう片面にもボードを貼ったら間仕切り壁は完成です!

グラスウールを挟んで石膏ボードを貼る

続いては、扉の施工です。
壁の開口に合わせ扉を設置します。 まずは枠を作成・設置し……

壁の開口に合わせ扉を設置

丁番を付け、建具を取付けます。

丁番取付中

ドアノブを付け、開閉具合や鍵を確認し……

ドアノブ取付中

戸当たりをつけて完成です!!!

ドア施工後

大工さんが終わったら、クロス職人さんの登場です!

クロス貼り下地処理

クロスを貼っていきますが、新しい壁にはボードの継ぎ目があります。
必ず「パテ」という材料で下地を処理し、継ぎ目やビス穴を埋めてから壁紙を貼ります。

クロス貼り完了

継ぎ目のない綺麗な壁になりました!
最後にソフト巾木を設置し、完成です!!

ソフト巾木設置完了
担当:堀内 武尊

オフィスビルのため夜間工事になりましたが、お施主様はじめ管理会社様や警備会社様、他のテナント様も快くご協力してくださったので、とてもスムーズに施工できました。
間仕切壁は今回のような木造の他、アルミ製やスチール製などでも設置可能ですので、用途やご予算に合わせたご提案をさせていただきます。

営業担当 堀内武尊
担当:渡邊 隆義

夜間工事でしたが、特に問題もなく段取り良く施工することが出来ました。
他にアルミパーテーションやスチールパーテーションも多数施工していますのでお気軽にお問い合わせください。

営業担当 渡邊隆義

事務所OAフロア・タイルカーペット施工

OAフロア・タイルカーペット施工完了
DATA
住宅の種類
建築構造
築年数
施工地 札幌市東区
施工日数 2日間
施工年 2012年
施工内容 OAフロア施工・タイルカーペット施工
施工費用 約55万円

札幌市東区にある某事務所の床にAOフロアとタイルカーペットを施工しました。

施工前 現場の様子

施工前は下のような状態でした。

施工前の部屋

この床にOAフロアを敷きつめ、その上にタイルカーペットを施工します。施工の様子は以下をご覧ください。

施工の様子

まずはOAフロアを敷きつめていきます。

OAフロア施工中

だんだんと仕上がっていきます。

OAフロア施工中2

OAフロアを敷き込終わりました。

OAフロア施工完了

入り口部分はスロープを付けています。

入り口部分のスロープ

この後OAフロアの上にタイルカーペットを敷いていきます。
完成した事務所の床はこちら!

入り口はこのように仕上がりました。

タイルカーペットを敷いた入口スロープ

事務所全体はこのような仕上がりです。

施工完了

複雑な個所も美しく仕上がっています。

複雑な形状も美しく仕上がっています
担当:増本 淳志

今回OAフロアーの施工面積は60㎡程ありましたがタイルカーペット貼り工事を含めても2日間で完了しました。
ベテランの職人さん達の手際も良く、大変助かりました。

営業担当 増本淳志

オフィス間仕切壁造作工事

オフィス間仕切壁造作工事完了
DATA
住宅の種類
建築構造
築年数
施工地 札幌市中央区
施工日数 2日間
施工年 2010年
施工内容 間仕切壁造作、ドア取り付け、クロスデザイン貼、照明器具移設、スイッチ切り替え、ダウンライト新設
施工費用 約50万円(火災報知設備含む)

施工前の現場の様子

施工前は、仕切りの無い広いオフィスでした。開放感はありましたが、ワークスペースと接客スペースが分かれていなく使いにくく感じました。

施工前のオフィス

施主様の要望

会議するときなど声が事務所全体に聞こえてしまうので会議室がほしい。
入り口のドアを開けたら、すぐに事務所になってしまうので前室がほしい。とのことでした。

プランボードでご提案

お客様からのご要望を踏まえてプランボードを作成いたしました。
事務所らしく、そして高級感のある前室・そして隣接する会議室のご提案です。

オフィス間仕切りプラン
オフィスエントランスプラン

前室クロスの貼り分け案など数種ご提案させていただき施工に入らせていただきました。
広い空間を仕切る施工は、実際に工事してみないと仕上がりが想像しにくいものです。少しでも完成イメージ視覚的に持ってもらえればと思い3D画像でご確認いただきました。
そして完成した事務所がこちらです。

施工前後の様子

会議するときなど声が事務所全体に聞こえてしまうので会議室がほしい。
入り口のドアを開けたら、すぐに事務所になってしまうので前室がほしい。とのことでした。

前室

図面(前室)

木目が美しいクロスと、すっきりとした表情がシンプルかつ美しい石目調のクロスを組合せました。
木目のクロスを貼った部分の天井には、ダウンライトを設置し雰囲気のある前室になりました。

木目の美しいクロス

木目のクロスが美しい前室。

シンプルドア

シンプルなデザインのドアを採用。

ダウンライト

前室のダウンライトが印象的です。

サンゲツ 不燃認定・ハードウォール SG-6210

壁紙:サンゲツ 不燃認定・ハードウォール SG-6210

サンゲツ RE-7410 石目調・塗り壁調

壁紙:サンゲツ RE-7410 石目調・塗り壁調

会議室

図面(会議室)

会議室は、前室で使用した石目調のクロスを採用しシンプルにまとめています。
スッキリとした印象の会議室になりました。

施工前後の会議室

会議室があると、お客様との打ち合わせにもスタッフ会議にも使えて便利ですね。
集中して業務をこなす他のスタッフも快適に作業できるようになります。

業務スペースから見た前室と会議室

業務スペースから見た前室と会議室です。
全体の雰囲気が分かるでしょうか?

お客様の声

事務所の雰囲気がガラリと変わり大変満足しております。

担当:長沼 利真

間仕切壁を製作するという工事はなかなかイメージがつきにくい工事です。
当社でしたらプランボードを作成してよりイメージを具体化することができますので今回のようにオフィス改築をお考えの方は当社へご連絡ください。

営業担当 長沼利真

ウレタン防水工事

ウレタン防水工事完了
DATA
住宅の種類
建築構造
築年数
施工地 札幌市中央区
施工日数 20日(天候により工事期間前後します)
施工年 2018年
施工内容 ウレタン防水
施工費用 約42万円

ビル、バルコニーの防水工事を行いました。

お施主様との出会い

ご自宅リフォームの際にご注文いただきました。

施工前の様子

水の侵入経路(外壁とタイルのあいだに隙間あり)

1階玄関の壁に漏水の跡があり、恐らくバルコニーではないかとの事。
バルコニーを確認すると、ドレン廻りに枯葉や土が詰まっており、プールのように雨水がたまってしまう状態でした。
また、バルコニーの笠木を外すと外壁のタイルの間に隙間が……
ここからも水が浸入したようです。

施工の様子

今回は、液体状のウレタン樹脂を塗るウレタン防水で施工しました。
工事は冬期間だったため、バルコニーには雪が積もっていました。

雪が積もったバルコニー

まずはしっかり除雪します。

バルコニー除雪

除雪が終わったら、プライマー(接着強化材)を塗っていきます。

プライマー塗布

除雪が終わったら、プライマー(接着強化材)を塗っていきます。

メッシュ素材の防水シート貼り

続いて、メッシュ素材の防水シートを貼ります。
床はもちろん、側面や角、立ち上がり部分、ドレン廻りにも丁寧に貼っていきます。

ウレタン樹脂を塗布

このシートの上からウレタン樹脂を塗布していきます。

ウレタン防水工事完了

ウレタン樹脂は紫外線に弱いため、最後にトップコート(保護材)を塗布して完成です。

ドレン廻り防水完了

ドレン廻りもしっかり防水されています。
バルコニー笠木部分や取合部もシーリング材でしっかり隙間を埋め、漏水対策バッチリです!

担当:澤野 優二

無事に工事完了しお引渡ができました。
天候の良い日をめがけて工事を行い約20日かかりましたが、仕上がりに問題なく終わらせることができました。

営業担当 澤野優二

オフィス床 タイルカーペット施工

オフィス タイルカーペット貼り完了
DATA
住宅の種類
建築構造
築年数
施工地 札幌市白石区
施工日数 1日間
施工年 2016年
施工内容 既存塩ビタイル床にタイルカーペット貼
施工費用 約33万円

弊社ホームページを御覧いただき、お問い合わせいただきました。

施工前の様子

塩ビタイルの床でした。冷たい・足触りが悪いとのことで、今回はタイルカーペットを施工いたします。

施工前 塩ビタイルの床

施工後の様子

デスク、収納、配線(コンセント・LAN等)を移動しながら施工いたしました。
施工前後のオフィスの様子をご覧ください。

タイルカーペット施工後
事務所全体

入り口部分に見切りも付けてキレイに施工しています。

見切りをつけた入り口付近

デスク等移動しながらの作業でしたが、問題なく敷きこむことが出来ました。
これで、足元の寒さが少しでも柔らくといいですね!

担当:佐藤 隆

施主担当者様のご協力も頂き、短時間で問題なく終了できました。

営業担当 佐藤隆

プレハブ小屋の部分補修と内装工事

プレハブ社屋休憩所
DATA
住宅の種類 プレハブ小屋
建築構造
築年数
施工地 札幌市北区
施工日数 約3日間
施工年 2019年
施工内容 床の部分補修、タイルカーペット貼替、天井・壁クロス貼替
施工費用 約30万円
家族構成
間取り
施工担当:堀内武尊

プレハブ事務所 内装工事

日頃よりお付き合いの深い業者様からご紹介いただきました、プレハブ小屋修繕工事の事例です。
黒く腐ってしまった木下地の交換を速やかに行いました。

施工前の様子

↓こちらが施工前の様子です。近づかなくても黒く汚れてしまっていることが、はっきりと分かります。
以前は物置に使用されていたそうです。

カビと汚れがひどい既存のプレハブ小屋

施主様からのご要望

事務所移転をきっかけに、大きな倉庫とプレハブ小屋を借りました。
プレハブ小屋を社員の休憩所に使用したいのですが、状態が悪いので内装をきれいにしたい! とのご要望でした。

施工のポイント

★腐食した床の部分補修

部分的に床の下地が腐食していましたので、下地と床板を新しくしました。
施工前から施工後までの流れをご紹介いたします。

既存のタイルカーペットをはがしてみると、床板の表面が黒くなっていました。

黒く劣化した床

一部、黒くひどい状態の場所がありましたので、その部分の床板をはがすと、下地まで濡れて腐っている状態でした!

腐食した床下

床板を受ける横木が腐食し真っ黒い状態です。
一目では木材と認識できないほど、黒く変色してしまっています…

黒く腐食した木下地(横木)

きれいに掃除をし、大工さんが新しい木材に交換しています。

床の木下地交換中

上から床板を新しく取り付けて補修完了です!
下地の腐食範囲が狭かったため、作業は短時間で、とてもスムーズに行うことができました!

床の補修完了

腐食の原因は、下地の木材が濡れていることでした。
プレハブ小屋は倉庫内に設置してあり、コンクリートの床に直接木材を打ち、建てられていました。施工前に状態を確認いたしましたが、コンクリートの床に水は溜まっていませんでした。
おそらく以前の使用者が倉庫内で大量に水を使い、はけきれなかった水が施工部分にたまり、木材が水を吸収したことで腐食したと思われます。

★貼替工事

天井と壁のクロスと、床のタイルカーペットをお施主様に選んでいただき、貼替工事を行いました。

内装工事の仕様

施工後の様子

施工前と施工後の写真がこちらです。

プレハブ内装の施工後
プレハブ内装工事後の様子

とてもキレイになりました!
タイルカーペットなので横になっても冷たくありませんし、休憩所として気持ちよく使用することができそうですね!
お施主様や社員の方々にも大変お喜び頂けました!

修繕工事で大事なこと

早期発見 と 早期修繕

今回の事例のように、見えないところで木材が腐っていることがあります。
湿気がたまりやすい構造であった場合や、配管から水漏れしていた場合など、原因は様々です。

床の一部が柔らかい・カビが発生している・表面が黒ずんでいる・・・こういった症状を見つけても「まだ大丈夫」と思っていると大変な工事費用になってしまうことも…

修繕工事は 早期発見早期修繕 が大切です。最小限の費用・最短の工期でおさえるためにもまずご相談ください!

担当:堀内 武尊

床の下地がひどく腐食した状態でしたが、範囲が狭かったので、短時間の施工で修理することができました。
今回は部分補修で済みましたが、リフォームは解体してみると、柱が腐食していたり、雨漏りがしていたり、無断熱であったりと「予想した状態と異なりビックリ」ということがあります。そういった事態はよくあることですので、その都度お客様や職人と相談しながら、迅速かつ柔軟に対応させて頂いております!
当たり前ですが、いつでも想定外の事態をふまえ準備し、お客様とお打ち合わせを行った上で工事を行っております。
些細なことでもお気づきになりましたら、どうぞご連絡ください!

営業担当 堀内武尊

玄関ドア取付工事施工例

玄関ドア取付工事施工例【札幌市中央区】

当社ホームページをご覧頂き、お問い合わせくださったお客様の玄関ドア交換工事を行いました。

DATA

玄関ドア取付工事施工例
地域:札幌市中央区
時間: 2日
リフォーム費用: 約13万円
施工内容: 既存スチールドアから木製ドア製作品(ガラス入り)に取替
施工年:2013年

完成したドア

 

施工前の現場の様子

施工前は既存のスチールドアでした。
下は外側から見たドアです。

施工前のドア全体

↓こちらは内側からみたドアです。

施工前のドア全体

 

施主様の要望

整骨院を開院するために、ガラス付の外から眺められる、掠れた雰囲気の木製ドアに取替えたい。

 

施工前後の様子

こちらが施工前のドアです。
施工前のドア全体

下向き↓

塗装前のドアです。これからクリア無しのオイルステン塗装を行います。
施工中のドア

下向き↓

オーナー様支給のハンドルバーが個性的な美しい玄関ドアに交換しました!
ドアは木の板目や節などのある雰囲気のよい材質を選んでいます。
オーナー様ご希望のクリア無しのオイルステン塗装もいい雰囲気をかもし出しています。

完成したドア01

完成したドア02

 

施主様の声

予想以上に、よく出来たので大変満足しています。ハンドルバー(オーナー様支給)と塗装がばっちりです。

 

事務所内装工事

事務所 内装工事【札幌市北区】

当社HPをご覧になり、お問い合わせいただいた札幌市北区の法人のお客様です。

DATA

事務所 内装工事
地域:札幌市北区
施工期間: 5日
リフォーム費用: 約75万円
施工内容: 壁クロス張替え(#1000)、タイルカーペット張替え、天井塗装、ロールスクリーン取付(5箇所)、机・棚移動費含む
施工年:2013年

施工後のオフィス内の様子

 

施工前の様子

築年数もあり、壁紙と天井は変色し、タイルカーペットの汚れも目立ちました。
窓には劣化したブラインドが取り付けてありました。

施工前の事務所内装

 

施工の様子

業務中の事務所の改修工事ということで、工期については入念に打ち合わせを行ないました。
人の出入りを考慮し、備品を動かしながら作業を行うため、養生や導線計画をしっかり行いました。

■内装工事の流れ

天井塗装クロス張替えタイルカーペット張替えロールスクリーン設置清掃

 

床・壁・天井を改装する場合、内装工事の順番は基本上から下に向かって行います。床の工事を先行すると、塗料が付着した場合に清掃が困難になるためです。

 

1.天井塗装

まずは天井の塗装です。事務所の備品に養生をしていきます。

養生後の事務所

タバコのシミ抜きも同時に行ないました。塗装中は臭いが発生するため、換気を十分に行ないながら作業しました。施工のポイントとして、翌日を事務所の休日に行うことで、臭いを少しでも低減させます。

天井塗装中01

ローラーで丁寧に塗装します。

天井塗装中2

白で塗装すると天井が高く広く見えます。

 

完成した天井の様子はこちらです。

塗装後の天井

とてもきれいになりました!

 

2.クロス貼替え

クロス貼りは壁際の本棚を移動しながら行ないました。
使用したクロスはサンゲツの77-101というクロスです。清潔感があり、飽きのこないシンプルなクロスです。

サンゲツ77-101

クロス貼り完成後の様子です。

クロス貼り完成

白はやはり清潔感があっていいですね!

 

3.タイルカーペット貼り替え

こちらもクロス貼り同様、机と本棚を移動しながら貼っていきました。

施工後の床の様子はこちらです。

タイルカーペット施工後の様子

 

4.ロールスクリーン取付

仕上げにロールスクリーンを取り付けました。
既存ブラインドを撤去し、遮光性のあるロールスクリーンを取り付けています。

ロールスクリーン設置後

最後は清掃をして、施工完了です。

完成した事務所の様子をご覧ください。

完成した事務所

天井から床まですべて綺麗に貼り替え・塗り替えし、爽やかな印象になりました。


屋上防水・凍結防止工事

屋上防水・凍結防止工事【札幌市白石区】

漏水があったオフィスビルの屋上を防水工事、ペントハウスにある配水管の凍結防止の対策をしました。

DATA

屋上防水・凍結防止工事
地域:札幌市白石区
施工期間: 3週間
リフォーム費用:約100万円
施工内容:
屋上防水工事・屋上配水管電熱線工事
施工年:2013年

屋上防水工事

 

工事前の様子

ジョイント部分の劣化や溝の穴などが見られました。ドレン部の周辺もメンテナンスが必要でした。

屋上の劣化

また、屋上にはペントハウスがあり、こちらの排水管が凍り
オーバーフロー(満水になった水があふれ出ること)を起こした形跡も見られ、改修工事が必要な状態でした。

ペントハウス配水管凍結

 

施主様からのご依頼

「漏水しているので防水工事をしてほしいと」とのご要望でした。

 

防水工事のポイント

  • 木造も絡めた建築物でしたので、直接火を使用しない工法で施工しました。
  • 屋上で蜂を養殖しているため通常のシルバー色仕上げではなく、蜂に刺激を与えないように緑色の塗装で仕上げました。
  • 冬場になるとペントハウスの配水管が凍ってしまうため、配水管に電熱線を入れ排水経路を確保し、内部からも配水管の状況が確認できるスイッチを取り付けました。

 

防水工事の様子

まずは建物屋上に材料や基材・什器を運びます。
大変重い資材もあり手作業では難しいためクレーンを使用して屋上まで運びます。

屋上までクレーンで搬送

 

1、下地処理

ごみを取り除き清掃して劣化した部分や穴が空いた箇所を補修・確認します。

下地処理

下地処理

下地処理

 

2、下地剤、プライマーを塗る

アスファルトプライマーはコンクリートとアスファルトとの接着をよくするための塗液です。

プライマー処理

 

3、防水シート張り

ルーフィングというシートを重ねて防水層を形成します。

こちらを動画でご覧ください!

 

 

4、仕上げ

劣化した部分や穴が空いた箇所を補修します。

アスファルトで仕上げ

 

防水工事後の様子

劣化が見られた部分がきれいに補修されました。四隅も隙間なく補修されましたね。

防水工事完了

 

仕上げにコーキングを打ちます。

防水工事完了

 

オーバーフローを起こしていたペントハウスの配水管に電熱線を入れ凍結を防止しました。
こちらはその配水管の状況を確認するためのスイッチです。
夏場は電気代節約の為スイッチを消します。

施工完了

 

蜂に刺激を与えないように緑色の塗装で仕上げました。

施工完了

 

ブラインドレール交換工事

バーチカルブラインドレール交換工事【札幌市中央区】

当社HPをご覧になり、お問い合わせいただいた札幌市中央区の法人のお客様です。

DATA

バーチカルブラインドレール交換工事
地域:札幌市中央区
施工期間: 2時間
リフォーム費用:7.5万円
施工内容:
ブラインドレールの交換
施工年:2013年

ブラインドレール交換後

 

施工前の様子

大きなバーチカルブラインドが取り付けてありましたが、紐での開閉が出来ない状態でした。

施工前のブラインド(紐の部分)

本体に異常はないため、手による開閉は可能でした。

施主様からの要望

「店舗入り口のブラインドレールの紐が切れてしまい、開閉が困難になったので修理してほしい」とのご要望でした。

施工のポイント

製品の構造上、紐だけを交換する事が出来なかったため本体(レール部分)の交換を行いました。
スラットは既存のものを再利用しています。

タチカワブラインド エコールの写真バーチカルブラインドとは細い帯状のスラットを垂直に並べて取り付けたブラインドのことです。

スラットを回転させることで、日照や視界を制御することができます。開閉操作が手軽で、スラットは左右、もしくは片側に寄せてたたむことができます。

高さのある大きな窓に適し、垂直にまっすぐなラインをもつため、室内にシャープでモダンな印象を与えてくれます。


 

まずはスラットを1枚ずつ外していきます。

スラッドを取り外している様子

 

次に本体を外します。長さも重量もあるため慎重に行います。
下の写真は、本体レール部分を外し終わった後の様子です。

本体

 

使用するのは「タチカワ」のバーチカルブラインドです。長さは4mあります。

レール本体

タチカワバーチカルブラインド

 

レール本体、スラットの順に取り付けていきます。

 

微調整を行い、作業完了です。

施工完了